AX
手作りを楽しもう てづくり*てづくり
手作りで遊ぶちょっとだけスローライフな、ふたり暮らしをご紹介。
着物・手作り和装小物や手作り雑貨・お料理など、 日々の暮らしまわりのあれこれです。
過去記事もカテゴリー分けでご紹介しています。下のアイコンをクリックしてくださいね。
kimonokurashi2.jpg zakka2.jpg ryori2.jpg kurashi2.jpg nichiyoudaiku2.jpg
前回に引き続き、今回は新うるしと真鍮粉を使った
金継ぎのやり方をご紹介。


用意するもの
kinttsugidougu.jpg

1.エポキシパテ(60分硬化型)
2.新うるし(本透明)
3.真鍮粉
4.新うるし専用 薄め液
5.紙ヤスリ(400番以上の目の細かいもの)
6.筆(大・小)
fude.jpg

細い線を描く筆は極細の面相筆を使ったが
それでも少し線が太くなってしまうので
筆毛を1/3程、根元から切り落とし
毛先をハサミで整えて使用した。
7.カッターナイフ
8.小皿 3~4枚
(道具はすべて東急ハンズで購入したもの)


先日、古民具店さん(蔵の中)でいただいた
ご飯茶碗を繕ってみた。


縁の欠けの繕い

・欠け部分の汚れを、薄め液で拭き取る
・エポキシパテのA、Bを同量切り出し
 よくこねて混ぜ合わせる。
・欠け部分にエポキシパテをつけ
 指を水で濡らして、表面を撫で付け
 できるだけなめらかになるように整える

syuuzen1.jpg


・60分以上おいて乾燥させる
・完全に乾いたらカッターででこぼこを削り
 紙ヤスリで磨いて表面を滑らかにする
 目をつぶって器の縁を指でなぞってみて
 修正した部分がわからないくらい滑らかになるまで丁寧に磨く
・小皿に新うるしと真鍮粉を1:1で取り、
 薄め液に浸した筆で混ぜ合わせ、薄め液で少しずつ堅さを調整する
 固さの目安は常温に置いた蜂蜜より、ちょっと固いくらい
・大きい方の筆で、補修部分に乗せるように塗る
 この時一筆で描ききるように
 何度もなぞるとでこぼこになってしまう


にゅう(ヒビ)の繕い

・細い方の筆で、にゅうの上をゆっくりなぞる
 できるだけ細く、液が盛り上がるように描いていく
 ここも何度もなぞらないで描くようにする


失敗したら、薄め液ですぐに拭き取る
乾いてしまうと拭き取れなくなるので注意


描き上げたら、そのまま2~3日乾燥させる


繕ったご飯茶碗
chawan1.jpg

chawan2.jpg



こんなのも
chawan3.jpg



このお茶碗は底の部分のちいさな欠けを何カ所か
真鍮でまるく繕い、にゅうも繕ったら
なんかへんてこな模様になってしまったので
それなら小枝の絵にしちゃえ、ということでこうなった。


これはこれでいいかも?


真鍮粉がちょっと余ったので落書き。
rakugakisara.jpg



そっけない白いお皿が、ちょっとかわいくなった♪


なかなか大変だけど、すっごく楽しくなって来たー!
純金粉を使った金継ぎも、そのうち挑戦するので
また見てやってくださいまし。


あー、肩凝った~。
夜はゆっくりお風呂に入ろうっと。


卓上カレンダープレゼントの、
ありがとうキャンペーン続いています。
どしどしご応募ください♪



応援クリック、よろしくですrisuaniranking ありがとう♪


 | Blog Top | 

わ~、緊張して肩こりそう。
でも、やっぱり楽しそうです。
純金粉がんばってください。

ところで、やっと本が届きました。
面白くっていっきに読んでしまいました。(作り方はとろどころですが・・)
わたしもふだん着の着物が好きなんです。
実行されてるcomichikoさんはすごいと思います。
本の作品、何か作ってみたいなぁ・・
ブログでも紹介させてくださいね。
【2008/01/26 21:15】 URL | ミーヤ #-[ 編集]
ミーヤさま
ありがとうございます!
本、楽しんでいただけたみたいで
とってもとってもうれしいです。
何か作られたら、ぜひご紹介ください!
ミーヤさんのフェルト人形に
いつも癒してもらっています♪
【2008/01/27 12:38】 URL | comichiko #FyqV3IL6[ 編集]

小枝のお茶碗、ご飯を食べ終えると出てくる模様がとても可愛いです!
「金継ぎ」前からやってみたかったのですが、やり方やどの材料を揃えればいいのかも分からずでしたので、とても参考になりました。
本と一緒に材料を探す楽しみも増えて、チャレンジしてみたいです。
【2008/01/27 17:38】 URL | Hiro #-[ 編集]

こんばんは。
金継、お疲れさまでした。
手仕事をしていると時間があっという間に過ぎてしまいますよね。
さっそく金継で検索したり、本屋でそれらしき本を手にとってみたりしています。
comichicoさんの今回の記事も、とても参考になりました。
出来上がりが楽しみです。
印判のお茶碗、菊と西洋人でしょうか?
素敵ですね。
【2008/01/27 18:19】 URL | リーキ #ZLadS2jQ[ 編集]

とても、丁寧な金継ぎの指南書、私もお気に入りにひびが入ったり、欠けたりしたら、あきらめず、こちらの記事を参考に、トライしてみたいと思いました。
何時の間にか、小枝の模様になってしまったお茶碗の金継ぎにしても、余った材料で即興的に絵付けされた”蕪”のお皿にしても、comichikoさんのセンスが光っています!
純金粉を使用した金継ぎの準備は万端ですね!
【2008/01/27 23:43】 URL | piyodivo #-[ 編集]
おはようございます
すごいですね、、、、でもちょっと興味もあります。時間ができたらやってみたいなあ。
スローライフに憧れですが忙しい毎日、ほど遠いです。いつか年をとったらパパさんと一緒にそんなくらしがしてみたいです。
いろんなもののリメイクは大好きです。たまってしまって・・いろんな箱とかが。時間を見てリメイクしなくちゃです。
【2008/01/28 07:58】 URL | さと #o.trGIrQ[ 編集]

こんにちは~。
うわ~なんかワクワクドキドキですね。
修理?ですよね。
こんな事もできるんですね~。
お茶碗がいい感じじゃないですか?青磁?
古伊万里とかなのかしら~~。
【2008/01/28 12:10】 URL | 風船かずら #-[ 編集]
Hiroさま
こんにちは。
金継ぎ、私も超ビギナーなので
うまく伝えられたかな~と、ちょっと心配でした。
Hiroさんがチャレンジなさった時には
いろいろ教えていただきたいです。
一緒に工夫しながらやっていけたら素敵ですね♪
【2008/01/28 12:33】 URL | comichiko #FyqV3IL6[ 編集]
リーキさま
こんにちは。
そうなんですよ、手仕事をしていると
時間が経つのがあっというまです。
茶碗の柄はよくわからないのですが
西洋人と中国人卓を囲んで何か並べているように見えます。
菊のような模様は松の木みたい。
印判が3回繰り返しのパターンで染められています。
【2008/01/28 12:56】 URL | comichiko #FyqV3IL6[ 編集]
piyodivoさま
お気に入りの器って、よく使うからなのか
気に入っているものから痛んだりしちゃうんです。
でも、繕いながらずっと使っていけたらいいなぁと思ってはじめてみました。
繕い方もいろいろあるので、少しずつご紹介していくつもりです。
また、遊びに来てくださいね♪
【2008/01/28 13:04】 URL | comichiko #FyqV3IL6[ 編集]
さとさま
私もやりたい事が、鬼のようにたまってます!
あれもこれもと、いっぱいあって追いつかないのに
また新しい事をはじめたくなってしまう悪い病気です。
この病気、こじらせて持病になってしまっています。
【2008/01/28 13:11】 URL | comichiko #FyqV3IL6[ 編集]
風船かずらさま
こんにちは。
説明書を見ながら、なんとかやってみました!
お茶碗はいただいたものですが
恥ずかしながら焼き物の事、全然わからないんです~。
なんて言うんでしょうね。
ちょっとずつ、勉強していきたいと思っています。
【2008/01/28 13:27】 URL | comichiko #FyqV3IL6[ 編集]

面白そう!!

この「一筆で描ききるように」がポイントですね!
緊張とセンスと感性が出る一瞬・・・・・・・・・・・す・て・き。
「小枝」可愛いです。
底に絵がある器って 好きです(*^^)v
【2008/01/28 19:55】 URL | くぅー #BS.piKHQ[ 編集]
くぅーさま
ありがとうございます♪
結構何度も失敗して、描き直したりしましたが
まあまあ、なんとか。
描く時の緊張感、楽しくて癖になっちゃうかもです。
【2008/01/28 20:04】 URL | comichiko #FyqV3IL6[ 編集]

はじめまして。蔵の中さんから来ました。
蔵の中さんの金継ぎの下地も、エポキシパテでしてるんでしょうか?
シュミの世界ならいいと思うんですけど、今後のことがあるので。
もしわかったら教えてください。
【2008/02/03 23:36】 URL | okitakio #uCwprx96[ 編集]
okitakioさま
はじめまして、ご訪問ありがとうございます。
このブログでご紹介しているのは
あくまでも私個人の自宅用のものです。
蔵の中さんで金継ぎ途中の器を見せていただきましたが
それらは全部、漆で継いでありました。
どうぞ誤解のないようお願いいたします。
気に掛かるのでしたら
蔵の中さんに伺ってみたらいかがでしょうか?
お店の方はとても気さくな方なので
丁寧にお返事くださると思いますよ。
【2008/02/04 00:05】 URL | comichiko #FyqV3IL6[ 編集]

さっそくのご返信ありがとうございます。
蔵の中さんの金継ぎの件、わかりました。
それと、鈴木様は影響力のあるお方ですので
自宅用の食器を公開されるときでも、通常のやりかた
(エポキシパテは使用しない)と、コメントを
入れていただければ幸いです。金継ぎの精神を考えると
じっとしておれず、でしゃばってきて申し訳ありませんでした。
【2008/02/04 14:36】 URL | okitakio #uCwprx96[ 編集]
okitakioさま
こんにちは。
私の言葉が足りず、誤解が生じる可能性のある
記事になってしまったようですね。
近々に補足説明の記事をアップいたします。
ご指導ありがとうございました。

【2008/02/04 17:51】 URL | comichiko #FyqV3IL6[ 編集]

“金継ぎ”を知った頃、とても素敵な大皿に出逢って・・・

見事なまでに割れて砕けて
今の人ならきっと迷わず捨ててしまうくらいの物を
きれいに継いで、その太い継ぎ目を老木に見立てて
素晴らしい梅の蒔絵を施してあったのです☆

言われなければ、継いであることも判らない程の
その職人さんも腕も素晴らしいけれど
大皿を大切に、愛しんでいた持ち主の思いも素敵だなぁと。

先の記事を拝読して
そのときの感動を思い出していたら…comichiko様の小枝!

絵やデザインの得意な方は
発想の方向も同じなんですね~☆

私も描いてみたい!と気持ちはあるのですが・・・う~ん。
comichiko様のようにサラサラ~と描けたら
あれも、これもと楽しいだろうなぁ (*^-^*)
【2008/02/09 02:03】 URL | 雪野原 #La6ty96Q[ 編集]
雪野原さま
金継ぎで施された、梅の老木
さぞ見事なものなのでしょうね!見てみたいです!!!
私の繕いの小枝は「かなり苦肉の策」っぽい匂いがしてますね~。
いやいやお恥ずかしい限りです。
金継ぎの作品展などがあったら
足を運んでみたいと思っています。
良いものを見せていただいて
ちょっとでも、イメージのレベルを上げたいな~。
【2008/02/10 16:13】 URL | comichiko #FyqV3IL6[ 編集]

こんにちは。
お気に入りの器が欠けてしまったので、
こちらを参考に直してみたいと思っているのですが、
用意する道具はホームセンターなどで手に入るのでしょうか?
専門店に行かないとないでしょうか?
おしえてくださいませ。
【2012/10/24 21:02】 URL | Rainman #-[ 編集]
Rainmanさま
ようこそRainmanさん♪
コメントをありがとうございます。
用意する道具は、エポキシパテや紙ヤスリは
ホームセンター等で扱っていると思います。
筆や小皿、カッターは画材屋さんや文房具屋さんで、
新うるしや薄め液、真鍮粉はamazonで注文出来ます。
(amazonはこのブログの「著書のご紹介」にもリンクを貼ってあります)
繕い、ぜひ楽しんでみてくださいねv-238
【2012/10/25 21:05】 URL | comichiko #FyqV3IL6[ 編集]
 | Blog Top | 














管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
 | Blog Top | 

鈴木道子

comichiko

Author:comichiko
フリーランスのグラフィックデザイナー。
装丁、パッケージ、VI、イラスト、
キャラクターデザインなどなど
いろいろやっている。
同じくグラフィックデザイナー(会社員)の主人とふたり暮らし。

ショップのご紹介

ブログ内検索

著書のご紹介

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

RSSフィード

リンク

クリック募金