AX
手作りを楽しもう てづくり*てづくり
猫汕雑貨店(ねこあみざっかてん)スタッフブログ
着物・手作り和装小物や手作り雑貨・お料理など、 日々の暮らしまわりのあれこれです。
過去記事もカテゴリー分けでご紹介しています。下のアイコンをクリックしてくださいね。
kimonokurashi2.jpg zakka2.jpg ryori2.jpg kurashi2.jpg nichiyoudaiku2.jpg
先々月にお伊勢参りをして、外宮の記事を書き
「内宮の話はまた次回♪」なんて書いたまま、ひと月以上放置。


ま~、わたしったら ( ̄m ̄〃)


ひと月更新しないと、FC2のシステムで訳のわからん広告が
好き勝手に入っちゃって、もー、なにがなんだか……。


かなり間が空いてしまったから、へなちょこな感じだけど
気を取り直して続きを書いちゃう。
しばしお付き合いをお願いします。


naiku_1.jpg

そんな訳で、春先の五十鈴川 ( ̄∀ ̄)
別名を御裳濯川(みもすそがわ)という。


天照大神をおまつりする地を求め、諸国をめぐられた倭姫命に
「神風の伊勢は常世の波が打ち寄せる国、大和の側の美味し国、
 この国に居たいと思う」とお告げがあり、祠を伊勢国に建てられた。
そして長い旅を終えられた倭姫命は、裳の裾をこの川で濯がれたそうだ。

naiku_2.jpg


内宮入り口の宇治橋の左手にある玉砂利のなだらかな坂は、
御木曵で運ばれてきた社殿造営用の御用材を曵き上げる場所。
御用材貯木場から曳き出された檜を、
2ヵ月に渡って両宮域内に運ぶ御木曵行事は
伊勢に住まう旧神領の人達だけでなく、全国の崇敬者も
「特別神領民」として参加できるらしい。


御木曵行事は、木ゾリに載せて五十鈴川をのぼって内宮へ向かう「川曵」と
奉曳車に御用材を積み、町中を曳き、外宮へ向かう「陸曵」がある。
行事の間伊勢の街は、エンヤエンヤの掛け声と木遣音頭に包まれ、
巨大な奉曳車が土煙を上げて曳き込まれる様は圧巻だそうだ。


さてこの宇治橋、俗界と聖域との架け橋と言われている。
ここを渡って、いよいよ内宮へ。


大きな鳥居をくぐって右手は美しく手入れされた神苑。
尾長鶏さんもお散歩中。立派な尾羽だこと……。

naiku_3.jpg


少し行くと、みごとな神杉がそびえる参道。
樹齢何百年なのだろう、その姿は神々しい威厳を持っている。
かわいいちゃん達も記念撮影。

naiku_4.jpg


内宮の主祭神は天照大神で、その御神体は八咫鏡。
同じ御殿にまつられている相殿神は
天手力男神、万幡豊秋津姫命の二柱。
御正宮は絹の御幌が掛けられた外玉垣南御門の内。


御正宮のすぐ隣に同じ面積の敷地があって
二十年ごとにまったく同じ社殿を造り、神座をお遷りいただく。
この式年遷宮は約1300年に渡って守り続けられてきた。


垣間見える新しいお宮は輝くばかりの美しさ。

naiku_5.jpg


板塀も着々と造り進められている。

naiku_6.jpg


造営途中の社殿。

naiku_7.jpg


これは完成している外幣殿。

naiku_8.jpg


清々しい檜の香りが胸に染み入ってくるようだ。
今、およそ1300年前の人達と同じ風景を見ている。
何という奇跡!


新宮がすべて完成した神宮は、どれほど美しいんだろう。
香り立つように清らかな新殿に遷御されたこの国の魂は
常若に蘇り弥栄になる。


この美しい大和の国が、千代に八千代に栄えますように。
大切なものが、ずっとずっと受け継がれていきますように。


「ねこのみるくちゃん」LINEスタンプ、こちらで販売中。
 ↓
http://line.me/S/sticker/1105440


どうぞ可愛がってやってくださいまし。

milk_st1.psd


応援クリック、よろしくね

    ↓


 usaani_s.gifranking ありがとう♪



〈暮らし〉の過去記事はこちらを見てね→過去記事のご紹介[ 暮らし ]
 | Blog Top | 
五十鈴川
五十鈴川の身を清める場所を御手洗場というのですね。人のお名前に御手洗さんというのがありますが、小さい時は何故人命にトイレの名前なんだろうと思っていました。実は身を清める神聖な場所の名前だったことを、後から知りました。

私も二つ折りのケースが禿げた携帯電話使っています。スマホは外出先でインターネットの検索などをするために持っていますが、実際はスマホもどきです。アマゾンのSIMをスマホの本体に差し込み通信しています。これなら月額980円。使い放題で(ただし通信速度は遅い)で、これなら許せるかと考ええています。普通にスマホにすると、どう考えても毎月の通信費は7000円くらい必要です。そこを節約する二刀流です。因みに二刀流のコストは3000円以下です。
【2013/06/11 09:33】 URL | そよ風君 #-[ 編集]

式年遷宮は20年ごとだけど
1300年も続いているのですか。
日本の行事って、伝統があるんですね。
伊勢参り、母も連れて行ってあげたいのだけど
足が・・・・。
【2013/06/11 11:08】 URL | maririnhaha #-[ 編集]
新宮
新しい檜の匂いがこちらまで伝わって来るようです。

>この式年遷宮は約1300年に渡って守り続けられてきた。・・・云々<全く存じませんでしたが完成はいつ頃になるのでしょう!

江戸の木遣り歌は静かで厳かでいいですよね♪

【2013/06/11 11:50】 URL | boumama #-[ 編集]

伊勢神宮にかねてからお参りをしたいと思っていました。
とても神聖な所でしょうね。

伊勢神宮のあれこれ、難しいですねぇ~
漢字も読めなくて、勉強不足なのでしょうね。

東京人は以外に歴史不足の方が多いので、話題に少なくて致し方ないのでしょうね。
近くの明治神宮ばかりを、こぞってお参りをいたしますね。
【2013/06/12 00:33】 URL | あきこさん #uG6gtzZ2[ 編集]

こんばんは!

今年が丁度、式年遷宮にあたる年で、TVでもよく放送されてますね。
社殿を立てる為の檜も山林を持って育てているそうで、
今回は、手持ちの檜では間に合わず、全国から取り寄せ作られているそうですよ。

20年に一度のイベントに立ち会えて良い思い出になりましたね。(^^)
【2013/06/13 00:21】 URL | tourien #-[ 編集]

ふだんはばちあたりなことばかりしてますが(^^;)
神社さんとか教会とか、神様のいる場所に行くと
厳かな気持ちになりマス。
伊勢神宮は、写真だけでも厳粛な気持ちになれますね。
一度は行ってみたいです。
といいつつ、どこにあるのかわからない…学びます。
【2013/06/16 08:10】 URL | ぺぺ #-[ 編集]
そよ風君さま
御手洗さんって名字、私も不思議に思っていましたが
「身を清める神聖な場所」という意味があったんですね。
なるほど、そう言われてみると
社寺に参拝する前に手水を使って清めるから
そちらの意味だったのでしょう。
その名前の方のご先祖様は、
神様にお使えするお仕事だったのかもしれないですね。

スマートホンのわかりやすい説明をありがとうございます。
SIMを使った通信なら、月額980円のリーズナブルさなのですね。
とってもナイスなセレクトです♪
外出先でネットを使う事がめったにない私には
これで十分かも。
購入を検討してみます。
ありがとうございました。
【2013/06/17 15:46】 URL | comichiko #FyqV3IL6[ 編集]
maririnhahaさま
maririnhahaさんのお母さまは、足が弱っていらっしゃるんですね。
これから暑い季節になりますが、どうぞご自愛くださるように。
お伊勢さんは、心で思うだけでも
きっとご利益があると思います (*^-^*)
【2013/06/17 15:55】 URL | comichiko #FyqV3IL6[ 編集]
boumamaさま
真新しい檜は、まるで黄金色に輝いているように美しかったです。

>この式年遷宮は約1300年に渡って守り続けられてきた。・・・云々<全く存じませんでしたが完成はいつ頃になるのでしょう!

伊勢神宮ではすべての社殿を20年ごとに作り替えます。
それぞれの社殿のすぐ横に、同じ広さの敷地があり
20年ごとにお隣に、まったく同じ社殿を建て直し、
神様に新宮にお遷りいただくという事を
1300年間にわたって、繰り返されているんです。
すごいっす!!!
【2013/06/17 16:07】 URL | comichiko #FyqV3IL6[ 編集]
あきこさんさま
私も前々から、伊勢神宮にお参りをしたいと思いつつ
なかなかご縁がなかったのですが
ようやくおかげ参りができました。

記事、読みづらくてごめんなさい。
ふだん、あまり使わない漢字が多いですよね。
もっとひらたい言葉で表現できたら良かったんですが
私も勉強不足で、うまくお伝えできなくて……。

でも、お伊勢さんはとっても素敵でしたよ〜♡
【2013/06/17 16:15】 URL | comichiko #FyqV3IL6[ 編集]
tourienさま
宇治橋は15㎝の厚さの檜板を使っているそうですが
20年で4〜6㎝すり減ってしまうって本に書いてありました。
そして今年の式年遷宮の総工費はなんと550億円だって……!
国家予算みたいな金額ですよねぇ。
いやはや。
【2013/06/23 16:29】 URL | comichiko #FyqV3IL6[ 編集]
ぺぺさま
いやいやいやいや、私の方が
ふだん、もっとあかんことしているに違いありませんが
神様のいらっしゃる場所では、しおらしくしてしまいます(笑)。
神社でも、お寺でも、教会でも、なんでもありがたいと思うのは
やっぱ、八百万の国の生まれだからでしょうかね?
【2013/06/23 16:35】 URL | comichiko #FyqV3IL6[ 編集]
 | Blog Top | 














管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
 | Blog Top | 

鈴木道子

comichiko

Author:comichiko
フリーランスのグラフィックデザイナー。グラフィック全般、ブックデザイン、パッケージ、イラストレーションなどを制作。2017年3月にオープンした、ネットショップ猫汕雑貨店(ねこあみざっかてん)店長。

ショップのご紹介

ブログ内検索

著書のご紹介

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

RSSフィード

リンク

クリック募金