AX
手作りを楽しもう てづくり*てづくり
手作りで遊ぶちょっとだけスローライフな、ふたり暮らしをご紹介。
着物・手作り和装小物や手作り雑貨・お料理など、 日々の暮らしまわりのあれこれです。
過去記事もカテゴリー分けでご紹介しています。下のアイコンをクリックしてくださいね。
kimonokurashi2.jpg zakka2.jpg ryori2.jpg kurashi2.jpg nichiyoudaiku2.jpg
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | Blog Top | 
ここの所〈裂き布、作り方〉で検索して来てくださる方が多い。
前に裂き布の雑巾の記事を載せたのだか
これじゃーちょっと不親切だったかなーと反省しまして。
折角来てくださった方々が、がっかりして帰るのでは申し訳ない。


なので今日はもう少し丁寧に書いてみましょう。


〈裂き布の作り方〉
sakinuno1.jpg

sakinuno2.jpg

sakinuno3.jpg

sakinuno4.jpg


巻き取った糸玉
tama



〈裂き布に使う、布の量の割り出し方〉
sakinuno5.jpg


作りたい大きさや、柄によって、
どのくらいの布が必要かを先に計算しておくと
失敗が少ないですね。


最も自分で作るときは
布の量も編み方も全部テキトー、
成り行きで編んでいて糸が足りなくなったら、
その時はその時でなんとかする、みたいなやり方をしている。


でも人に伝えるのに、「テキトーに♪」ではよろしくないかと。
必要量の計算ってのを、はじめてやってみた。
小学校で習った〈円の面積の求め方〉が
実生活で役に立ったのは、これがはじめてだ。
計算機のルート記号を使ったのもはじめて。


小学校の頃「円の面積を求めよ」と言われると
「なんでそんなもん求めてんだろ?」と思ってた。
ま、式に数を入れて掛けるだけだから
どうということはないんだが……。


なんでも最近見直しが叫ばれている〈ゆとり教育〉では
円周率は〈3.14〉から〈およそ3〉って事になっているらしい。


う~ん、なんだかな。


ひらがなで書くと


さんてんいちよん
およそさん


3文字違うね、この3文字がゆとりか?


小数点以下10桁まで覚えろとか言う事になると
計算も面倒なんで、そこまではねーと思うけど
〈.14〉くらいは、入れといてもいいんじゃね?


おばちゃんは小学生のお子達に聞いてみたい。


君達に必要な「ゆとり」って
そんな事ではないんじゃないのか?


どうよ?



クリックよろしく♪risuaniranking


追記
この記事は2008年6月17日に修正をしています。
前は裂いた布を糸で繋いでいく方法をご紹介していましたが
先日端を裂き残す方法を教えてもらい
こちらの方が楽で簡単だったので、修正をさせていただきました。
 | Blog Top | 

布の量とか、こんなに綿密に計算することができるんですね!
数学の授業思い出しました。

およそ3はいかがなものかとわたしも思います。算数でそんなアバウトな表現って;
「ゆとり=レベルを下げること」ってわけじゃないと思うんですよねー・・・。
【2007/11/07 21:51】 URL | よーみん #.vjKhiP6[ 編集]

おはようございます~♪
裂き織もされるのですね!母が見たら喜びそう~^^
裂き織のコートを持っていますが、とっても暖かいんです!
でも勿体無いから滅多に着ませんけど^^;やっぱり着物の古布なので引っかかると弱いので。。。

必要量を出しちゃう、几帳面なcomichikoさんに脱帽です!
私だったら、裂いた布で適当に作っちゃうかも^^;

円周率、私も帽子を作るとき使いました^^小学生の算数が実生活で役に立ったのは初めてかも?
円周率、どこまで覚えられるかな~なんて事、今の子供達には興味ないのかな。。。
3.14→3にしちゃうような子供が大人になって設計したら、大変な問題になりそうですよね。プラントが爆発したり、マンションの構造が弱かったり。。。考えただけでも怖くなりますe-263

今日も凸っと!^^
【2007/11/08 12:03】 URL | はらぺこねこ #-[ 編集]
よーみんさま
ですよね~、いかがなものでしょう?
大人にとっても、子供にとっても
ゆとりって心の問題なんじゃないかなあ……。
最近は外で遊んでいる子供をあまり見かけなくなりました。
世の中物騒だったり、いろいろと理由はあるのでしょうが
子供たちが楽しく遊べる場所が
もっとあったらいいな~と思っています。
【2007/11/08 12:37】 URL | comichiko #-[ 編集]
はらぺこねこさま
裂き織りのコート!すっごいです、お母様のてづくりですか?
コートつくるのってどれだけ大変なのでしょう?
それはもう、きっと愛と情熱の結晶ですよ!
「およそ3」で計算されるプラントやマンション
まじ、恐いです。
さらにそこに利害と悪意が介在すると……
あああ、考えただけでも恐ろしい!
【2007/11/08 12:45】 URL | comichiko #-[ 編集]
やはり!
comichikoさんは、私のような適当な人でなかったヮe-267
裂き布の作り方だけならまだしも、必要量の計算式まで載せてくれるなんて!
これなら、どの程度の裂き布が必要か事前に解るので、すっごく便利です♪
当然ぽちっと1票です!

ゆとり教育って、なんなんでしょーね。
ここ最近、学力の差がつきすぎているといいますが!
TVのインタビューで「勉強は塾で、学校は友達や集団生活を学ぶ所」と
発言していた教師がいました。
そんなんじゃー、学力に差がつくのはあたりまえ☆
塾に行けない子と塾にいってる子の差は、開くばかりです。
私たちの子供の頃は、学校の勉強だけでも、なんとかなっていたんですけどネ☆
【2007/11/09 11:42】 URL | mokona #-[ 編集]
円周率もしかり・・・
私も算数や数学が大の苦手でした。
でも、高校のとき生活科にいて洋裁や和裁をやりました。
もちろん、型紙も自分で製図するんですよ!
その時、計算が必要で・・・計算が苦手な私は、必死でした。
でも、自分の体にフィットした洋服をつくるために頑張りました。
その時、数学なんて生活で必要ないじゃんと思っていた私は認識を改めたのでした。

また、会社員になってから仕事をする上で、小数点以下第2位まで必要な計算も沢山ありました。
そこまで、細かく計算しないと、実数に近くならないんですよね。

算数や数学も、物を作ることで覚えたら、細かく数字を求めることも苦じゃなくなるような気がします。文科省も授業の組み立て方をちょっぴり変えてみたら、子供たちも必要性に気付けるのにね。
【2007/11/09 12:14】 URL | tenshinoasobi #-[ 編集]

優しいコメントありがとうございました。
裂き織のコートは、買ってもらったんです^^;
でも他では滅多に手に入らないので、大切にしているんです!
いつも応援ありがとうございます♪ 凸っとして帰ります^^
【2007/11/09 14:32】 URL | はらぺこねこ #-[ 編集]
mokonaさま
いえいえいえいえいえ
♪なんとおっしゃるうさぎさん
 それならおまえと駆けくらべ
……って言っても、適当勝負で勝っても
そんなにうれしくないかも?
学校の成績って、卒業して○何年もたっちゃうと
どーでもいい事だったなーってのが実感です。
自分の望む生き方をするか、しないかの
どっちかですからねえ、結局は。
【2007/11/09 15:39】 URL | comichiko #-[ 編集]
tenshinoasobiさま
おっしゃるとおり!!!
本当にそう思います、あああ、うれしい。
算数も理科も何のために勉強しているのか
わからないのに勉強を楽しめって言ったって
そりゃー無理ってもんだと思います。
中学では男子は「技術」女子は「家庭科」と別れていましたが
私も「技術」習いたかった。
男の子にも「家庭科」は必要なはず。
学力どうのこうのじゃなくて
生きていく力を義務教育で教えてあげて欲しいなあと思っています。
【2007/11/09 15:48】 URL | comichiko #-[ 編集]
はらぺこねこさま
裂き織りのコート、宝物ですね。
大好きなものをずっと大切に使うって素敵なことだと思います。
応援、こちらこそありがとうございます。
腰痛お大事にしてくださいませ♪
【2007/11/09 15:54】 URL | comichiko #-[ 編集]
勉強は生き延びる力を養うもの
私は、実業高校を卒業しています。
農業高校の生活科といって、家庭科中心で若干農業科目が入りました。
ですから、生きていく最低必要な要素は勉強しました。
授業も実習が多くて、結構遊び感覚でした。
冬場の農作業には、てが凍えて痛かったことも、今では思い出です。(*^▽^*)ゞ

そんな思いを積み重ねて学校を卒業したから、社会に出てからも、あれこれと役に立つ事柄に出会いました。
なんでも、経験ですね。

文科省のお役人は、きっと机で勉強ばかりしてきたのでしょうね。
家庭内のお手伝いや、学校での実習が結構他の科目の必要性に気付くチャンスですよね。

【2007/11/13 07:25】 URL | tenshinoasobi #-[ 編集]
tenshinoasobiさま
とても素晴らしい学校で学ばれたのですね。
最高です♪
学ぶことって本当はとっても楽しいことですよね。
私達は暮らしと心を豊かにするために学ぶのだと思います。
tenshinoasobiさんのように
遊び感覚で実習を楽しみ
その中から経験として身につけて行くって
理想なんじゃないかな。
いつも素敵なコメントを、ありがとうございます♪
【2007/11/13 12:26】 URL | comichiko #-[ 編集]

e-278す・・すごい・・・!!!

「手作り」って 奥が深いですね・・・・!!!!!

手作りに計算・・・って
よく考えれば 布はメートル、面積も決まっていて それを把握して
制作すると とても効率が良く失敗も少なくなる・・・。

いつも「てきと~」なわたしの制作。
たまには?ちゃんと計算して作ってみるのも良いかも!と思いましたe-278

【2007/11/13 13:46】 URL | くぅー #BS.piKHQ[ 編集]
くぅーさま
計算っていうと面倒な気がしちゃいますが
おおまかにでも分量を計っておくと後が楽ですよね。
「あとちょっとなのに足りない!」とか
「随分あまっちゃったけど、どーしよーかなー」とか
実は何度もしょっぱい目にあってます~。
【2007/11/13 19:10】 URL | comichiko #-[ 編集]

裂き布の作り方がとても詳しく載っていて参考になりました。
布ってどんなかたちになっても、活躍できるのがすごいです。
私のブログにリンク貼らせていただきました。
もしご迷惑でしたら、すぐはずします。
【2009/08/21 16:31】 URL | ワ・ミューズ #-[ 編集]
ワ・ミューズさま
ようこそワ・ミューズさん、はじめまして。
ご訪問&コメントをありがとうございます。
記事を参考にしていただけて
とってもうれしいです♪
リンクの件もありがとう。
私の方もリンクを貼らせていただきますね。
これからもよろしくです!
【2009/08/21 20:11】 URL | comichiko #FyqV3IL6[ 編集]

裂き布マット、他のサイトの方も素敵でしたが、
comichikoさんのマットに一番魅力を感じました。
参考にさせていただきます=3
丁寧に解説して下さってありがとうございます。

話は変わりますが、ゆとり教育って何で産まれたのでしょうか?
子供達が望んだのでしょうか?

少なくとも自分は望んでいないし、
ひとまとめにゆとりと言われる事に麻痺してきております。

恐らく今までにゆとり世代の方に迷惑をかけられた事と思いますが、
自分はゆとりかもしれませんが、友人や先輩方にそこまでゆとりだの問題児だのと言われるような人は自分の見る限りではおよそ見つかりません。
居ても付き合うことはないでしょう、価値観が合わないのです。

やはりゆとりでは無い世代の人にはゆとり世代はみんな同じように見えるのだなあと、
ゆとり世代の方が他の世代の方に『ああ、だからゆとりは…』と言われないように、
同世代の方の迷惑にならぬように
毎日頑張って生きて行こうと思いました。
【2013/05/09 12:23】 URL | 陸路 #-[ 編集]
陸路さま
ようこそ、陸路さん。
コメントをありがとうございます。
気に入っていただけたみたいで
とてもうれしいです♪

ゆとり世代について、私の書き方が悪くて
誤解させてしまったかもしれませんが
私は今まで人に対して、一度だって
「ゆとり世代だから……」なんて思った事はありませんし
ゆとり教育のせいで、迷惑を受けた事もありません。
どうか、そこの所はわかっていただきたいと思います。

私がおかしいなって思ったのは、「ゆとり」が必要なのは
授業量、情報量ではないんじゃないかなって気がしたからなんです。
誰だって、得意なものも不得意なものもありますよね。
それは個性だから、それぞれが自分を活かせる方向に
行ければいいと思うのですが、
得手不得手があることを、ただストレスに感じさせるのはかわいそう。
必要なのはそういう部分で、ひとりひとりを認めてあげる
心の「ゆとり」なんじゃないかなって思ったんです。

なんか、立派っぽい事を書いちゃって恥ずかしいのですが
そんな気持ちで書いた記事です。

また、気が向いたら遊びに来てくださいね。
お待ちしています (*^-^*)
【2013/05/12 17:06】 URL | comichiko #FyqV3IL6[ 編集]
 | Blog Top | 














管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
 | Blog Top | 

鈴木道子

comichiko

Author:comichiko
フリーランスのグラフィックデザイナー。
装丁、パッケージ、VI、イラスト、
キャラクターデザインなどなど
いろいろやっている。
同じくグラフィックデザイナー(会社員)の主人とふたり暮らし。

ブログ内検索

著書のご紹介

カレンダー

07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

RSSフィード

リンク

クリック募金

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。