AX
手作りを楽しもう てづくり*てづくり
猫汕雑貨店(ねこあみざっかてん)スタッフブログ
着物・手作り和装小物や手作り雑貨・お料理など、 日々の暮らしまわりのあれこれです。
過去記事もカテゴリー分けでご紹介しています。下のアイコンをクリックしてくださいね。
kimonokurashi2.jpg zakka2.jpg ryori2.jpg kurashi2.jpg nichiyoudaiku2.jpg
karasumi_1.jpg


これ、今年の始めに作ったやつ。


からすみの記事を書こうと思いつつ、なんかグズグズしてたら
ボラの卵が出回っている季節が過ぎちゃって
タイミングを逸してしまったの ( ̄∀ ̄)


秋も深まってきたし、そろそろ店頭に出てくるはずだから
今でしょ?
今だよね?


ってな訳で、私的にはようやくのご紹介。
ちょっと大変だけど、とっても美味しいのよ♪


カラスミの作り方
・ボラの卵の血抜きをする
karasumi_2.JPG
血管の上を針でぷつぷつと刺し
真水の中で、爪で血を押し出すように血を抜いてゆく
細かい血管がたくさんあるので大変だけど
丁寧に血抜きをしないと生臭くなるので、きれいに血を洗い流す
卵の先に付いている身の部分は外さない(後でつや出しに使う)

・24時間以上、真水に漬けて置く
・塩漬けにする
 タッパーにたっぷりの塩を敷き、ボラの卵を入れ
 その上に塩を、ボラの卵が見えなくなる位たっぷり乗せて24時間置く
・水洗いをしてタッパーに入れ、焼酎をひたひたになるまで注ぎ
 ラップで空気が入らないように落とし蓋をして、24時間以上漬けておく
・天日干しする
 重しをして1日干す。うちでは干し野菜ネットに並べて
 上にステンレストレーを乗せ、500cc位の容量の空き瓶に
 水を入れたものを重し代わりににした
・裏返して、同じく重しをし、1日天日干しする
・重しを外して毎日裏返しながら、10日〜2週間天日干しする
 堅くなっていれば出来上がり
 指で摘んでみて、芯が柔らかい感じがしたら
 堅くなるまで天日干しをする
・卵の先に付いている身を外して
 カラスミにこすりつけ、身の油分でつやを出す
・ラップにぴっちりと包んで冷凍すれば1年位保存できる


カラスミはボラの卵で作るのが一般的だけど
別にボラじゃなくても良いそうなので
ものはついでだし、生たらこを使ったカラスミも作ってみた。


karasumi_3.jpg
蕎麦に摺り下ろしたカラスミをたっぷりかけた、お酒のお友達♡
お酒が進む進むのすすむくん。


手前がボラのカラスミ、奥がたらこのカラスミ。
たらこカラスミは、食べてみたら普通にたらこの味。
わざわざ手間を掛けてカラスミにするまでもなかったぜ ┐(゚~゚)┌
色は綺麗だけどね。
やっぱ、ボラの方が美味しいわ。


〈うとうとみるくにゃん〉

1022_milk1.jpg
私の手を抱えて、うつらうつら。


1022_milk2.jpg
そーっと手を抜こうとするとがぶり(甘噛みだけどね)


1022_milk3.JPG
そんでもって、手をぺろんぺろん。


……放せってば。
忙しいんだよ、あたしゃ。


「ねこのみるくちゃん」LINEスタンプ、こちらで販売中。
 ↓
http://line.me/S/sticker/1105440


どうぞ可愛がってやってくださいまし。

milk_st1.psd


応援クリック、よろしくね

    ↓

pig46pix.gifranking ありがとう!



〈料理〉の過去記事はこちらを見てね→過去記事のご紹介[ 料理 ]
 | Blog Top | 

鈴木道子

comichiko

Author:comichiko
フリーランスのグラフィックデザイナー。グラフィック全般、ブックデザイン、パッケージ、イラストレーションなどを制作。2017年3月にオープンした、ネットショップ猫汕雑貨店(ねこあみざっかてん)店長。

ショップのご紹介

ブログ内検索

著書のご紹介

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

RSSフィード

リンク

クリック募金