AX
手作りを楽しもう てづくり*てづくり
手作りで遊ぶちょっとだけスローライフな、ふたり暮らしをご紹介。
着物・手作り和装小物や手作り雑貨・お料理など、 日々の暮らしまわりのあれこれです。
過去記事もカテゴリー分けでご紹介しています。下のアイコンをクリックしてくださいね。
kimonokurashi2.jpg zakka2.jpg ryori2.jpg kurashi2.jpg nichiyoudaiku2.jpg
some1_0814

立秋を過ぎ、暦の上では秋。
暦の上では、ね。


暦にはどんな秋が来てるのか?
そこは涼しくてさわやかか?
空は高いか?果物はたわわか?美味しいか?


拝啓、小さな秋さま。
こちらは猛暑です。
もー、すごいです。


なんちって。
暑さで少々、頭がアレでして…… (; ̄▽ ̄)


子供達は夏休み真っ最中。暑くたって元気だ。
近所にある緑道の小川には、ザリガニ釣りを楽しむご家族の姿。

0814_midori


ここは下水の再生水を流している人口の小川なので
元々ザリガニが居る訳ではない。
近所のおじいさんが、子供達が楽しめるようにと
ザリガニを放してくれているのだ。

おじいさんは毎年、夏の始めに千葉の沼まで行って
ザリガニをたくさん集めて来るらしい。
「丸1日がかりでね、集めるんですよ」と言っていた。


たくさん放したザリガニは
夏の間に子供達と小サギと五位サギに取り尽されてしまうけど
おじいさんは「それでいいの」と言って
穏やかな顔で笑っていた。
この街には、素敵な人がたくさんいるんだ♡


えーと、それは置いといて、
前回の続き、染色レシピをご紹介しましょ。


赤じそのしぼり汁を使った染色レシピ

用意するもの
・赤じその絞り汁(赤じその葉300g分)
〈作り方はこちら→赤じその絞り汁を使って、絹布の染めてみました(その1)
・絹布70g *家庭で洗える絹布を使用しています
 (薄手のストール1枚分くらい)
・みょうばん水
 ぬるま湯2100cc(布の30倍)+みょうばん7g(布の10%)
・中性洗剤


染め方
・布がたっぷり浸かる容器に 
 50度のお湯と中性洗剤を少量入れ布を浸し
 2〜3回布の上下を返して30度くらいまで冷ます
・布を水洗いする
・用意したみょうば水に布を入れて弱火にかけ
 布を広げながら30分煮る
・時々上下を返しながら、常温まで冷ます
・ぬるま湯で2〜3回ゆすぎ、軽く脱水(10秒程)する
・ぬるま湯4000ccに赤じその絞り汁を加え
 布を入れて弱火にかけ、布を広げながら60分煮る
・時々上下を返しながら、常温まで冷ます
・ぬるま湯でよくすすぎ、軽く脱水(10秒程)して乾かす


「ものは試し」のつもりで染めてみた絹布。
やさしい色だけど、もう少し濃くても良かったかなぁ。
来年は赤じその量を増やして再トライしてみよう。


ちなみに染める時に食酢を加えて酸性にすると
赤味が強い色になると聞いた事がある(やったことないけど)。


ま、これはこれで良しとして
嘘つき襦袢の袖でも作る事にしようかな。


〈みるくの大好き、段ボール〉

0814_milk1

こんな狭いとこに、みっちり詰まって……。
猫ってホント、狭ぁいとこが大好きだね。


0814_milk2

当分、この箱棄てられないな。
お猫さまがお飽きになるまで ┐( ̄~ ̄)┌


「ねこのみるくちゃん」LINEスタンプ、こちらで販売中。
 ↓
http://line.me/S/sticker/1105440


どうぞ可愛がってやってくださいまし。

milk_st1.psd

応援クリック、よろしくね

    ↓


 usaani_s.gifranking ありがとう♪


〈着物暮らし、和装小物〉の過去記事はこちらを見てね→過去記事のご紹介[ 着物暮らし、和装小物]
 | Blog Top | 

鈴木道子

comichiko

Author:comichiko
フリーランスのグラフィックデザイナー。
装丁、パッケージ、VI、イラスト、
キャラクターデザインなどなど
いろいろやっている。
同じくグラフィックデザイナー(会社員)の主人とふたり暮らし。

ブログ内検索

著書のご紹介

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

RSSフィード

リンク

クリック募金