AX
手作りを楽しもう てづくり*てづくり
猫汕雑貨店(ねこあみざっかてん)スタッフブログ
着物・手作り和装小物や手作り雑貨・お料理など、 日々の暮らしまわりのあれこれです。
過去記事もカテゴリー分けでご紹介しています。下のアイコンをクリックしてくださいね。
kimonokurashi2.jpg zakka2.jpg ryori2.jpg kurashi2.jpg nichiyoudaiku2.jpg
hebi1.jpg


去年ダーリンが、汗だくの真っ黒くろ助になって庭を改装して
植木のグランドカバーに植えてくれた、へびいちごがたくさん実を付けた。


(がんばっちゃった改装記事はこちら)
 ↓
ダーリン大奮闘。庭のリニューアルだ!(その1)
ダーリン大奮闘。庭のリニューアルだ!(その2)


可愛いでしょ?
子供の頃、「へびいちごを摘むと、蛇が追いかけてくる」とか
「へびいちごを食べると、蛇が怒って夢に出てくる」とか
いろいろ言われて、このいちごがちょっと怖かった。


でも蛇も追いかけて来ないし、夢にも出てこない。
蛇の夢は縁起が良くて、良い事か起こるお知らせなんだって聞いたから
夢に出てきて欲しいんだけどな。


それは置いといて、
へびいちごは焼酎に漬けておくと、痒み止めの薬になる。
蚊に喰われた時に、これを指先に付けて“ちょん”っと塗ると
すっと痒みが引いて、10分くらいで喰われた所の腫れが
跡形もなく消えてしまう、天然の虫刺され薬。


作り方はかんたんで、瓶に2/3程へびいちごを入れ、
瓶いっぱいに焼酎を注ぎ、蓋をして2週間位常温で置いておく。
最初は真っ赤だったいちごの色が変わって
焼酎が琥珀色になったら出来上がり。


これが出来上がった痒み止め。

hebi2.jpg


……って、写真を撮っているとカメラと瓶の間に
にょお〜んと入ってくる猫の後頭部。

hebi3.jpg


くんか、くんか。

hebi4.jpg


これ、興味なし。もういい。寝る。

milk_0624.jpg


気ままか!


〈おまけ〉

漬け物つながり(?)で、もうひとつ。
今更な感じの塩麹漬け。


bin.jpg


最近お刺身を塩麹に漬けるのが、世間様とずれたマイブーム。
写真はびんちょうまぐろ。
刺身200gに大さじ1杯程の塩麹をまぶし、冷蔵庫で3日程置くと
ねっとりとした口当たりの、美味しい塩麹漬けになる。
わさびを添えてどうぞ♪


びんちょうまぐろの他、甘海老、サーモン、貝柱などもgood。
いかそうめんは大葉を細く切ってまぶすと美味しいよ。
冷蔵庫で1週間位、日持ちするので
作っておくと、晩酌の突き出しにも重宝。


「家で飲んでるのに、突き出しってなんだ」って突っ込みは……


大丈夫です。
全然、問題ありません。
気ままですので。


「ねこのみるくちゃん」LINEスタンプ、こちらで販売中。
 ↓
http://line.me/S/sticker/1105440


どうぞ可愛がってやってくださいまし。

milk_st1.psd


応援クリック、よろしくね

   ↓


risuaniranking ありがとう♪




〈暮らし〉の過去記事はこちらを見てね→過去記事のご紹介[ 暮らし ]
 | Blog Top | 
先々月にお伊勢参りをして、外宮の記事を書き
「内宮の話はまた次回♪」なんて書いたまま、ひと月以上放置。


ま~、わたしったら ( ̄m ̄〃)


ひと月更新しないと、FC2のシステムで訳のわからん広告が
好き勝手に入っちゃって、もー、なにがなんだか……。


かなり間が空いてしまったから、へなちょこな感じだけど
気を取り直して続きを書いちゃう。
しばしお付き合いをお願いします。


naiku_1.jpg

そんな訳で、春先の五十鈴川 ( ̄∀ ̄)
別名を御裳濯川(みもすそがわ)という。


天照大神をおまつりする地を求め、諸国をめぐられた倭姫命に
「神風の伊勢は常世の波が打ち寄せる国、大和の側の美味し国、
 この国に居たいと思う」とお告げがあり、祠を伊勢国に建てられた。
そして長い旅を終えられた倭姫命は、裳の裾をこの川で濯がれたそうだ。

naiku_2.jpg


内宮入り口の宇治橋の左手にある玉砂利のなだらかな坂は、
御木曵で運ばれてきた社殿造営用の御用材を曵き上げる場所。
御用材貯木場から曳き出された檜を、
2ヵ月に渡って両宮域内に運ぶ御木曵行事は
伊勢に住まう旧神領の人達だけでなく、全国の崇敬者も
「特別神領民」として参加できるらしい。


御木曵行事は、木ゾリに載せて五十鈴川をのぼって内宮へ向かう「川曵」と
奉曳車に御用材を積み、町中を曳き、外宮へ向かう「陸曵」がある。
行事の間伊勢の街は、エンヤエンヤの掛け声と木遣音頭に包まれ、
巨大な奉曳車が土煙を上げて曳き込まれる様は圧巻だそうだ。


さてこの宇治橋、俗界と聖域との架け橋と言われている。
ここを渡って、いよいよ内宮へ。


大きな鳥居をくぐって右手は美しく手入れされた神苑。
尾長鶏さんもお散歩中。立派な尾羽だこと……。

naiku_3.jpg


少し行くと、みごとな神杉がそびえる参道。
樹齢何百年なのだろう、その姿は神々しい威厳を持っている。
かわいいちゃん達も記念撮影。

naiku_4.jpg


内宮の主祭神は天照大神で、その御神体は八咫鏡。
同じ御殿にまつられている相殿神は
天手力男神、万幡豊秋津姫命の二柱。
御正宮は絹の御幌が掛けられた外玉垣南御門の内。


御正宮のすぐ隣に同じ面積の敷地があって
二十年ごとにまったく同じ社殿を造り、神座をお遷りいただく。
この式年遷宮は約1300年に渡って守り続けられてきた。


垣間見える新しいお宮は輝くばかりの美しさ。

naiku_5.jpg


板塀も着々と造り進められている。

naiku_6.jpg


造営途中の社殿。

naiku_7.jpg


これは完成している外幣殿。

naiku_8.jpg


清々しい檜の香りが胸に染み入ってくるようだ。
今、およそ1300年前の人達と同じ風景を見ている。
何という奇跡!


新宮がすべて完成した神宮は、どれほど美しいんだろう。
香り立つように清らかな新殿に遷御されたこの国の魂は
常若に蘇り弥栄になる。


この美しい大和の国が、千代に八千代に栄えますように。
大切なものが、ずっとずっと受け継がれていきますように。


「ねこのみるくちゃん」LINEスタンプ、こちらで販売中。
 ↓
http://line.me/S/sticker/1105440


どうぞ可愛がってやってくださいまし。

milk_st1.psd


応援クリック、よろしくね

    ↓


 usaani_s.gifranking ありがとう♪



〈暮らし〉の過去記事はこちらを見てね→過去記事のご紹介[ 暮らし ]
 | Blog Top | 

鈴木道子

comichiko

Author:comichiko
フリーランスのグラフィックデザイナー。グラフィック全般、ブックデザイン、パッケージ、イラストレーションなどを制作。2017年3月にオープンした、ネットショップ猫汕雑貨店(ねこあみざっかてん)店長。

ショップのご紹介

ブログ内検索

著書のご紹介

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

RSSフィード

リンク

クリック募金