AX
手作りを楽しもう てづくり*てづくり
手作りで遊ぶちょっとだけスローライフな、ふたり暮らしをご紹介。
着物・手作り和装小物や手作り雑貨・お料理など、 日々の暮らしまわりのあれこれです。
過去記事もカテゴリー分けでご紹介しています。下のアイコンをクリックしてくださいね。
kimonokurashi2.jpg zakka2.jpg ryori2.jpg kurashi2.jpg nichiyoudaiku2.jpg
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | Blog Top | 
四月の半ばに、ダーリンと伊勢神宮に行ってきた。
お伊勢参りのことを、おかげ参りと言うのそうだ。
今こうして生きていられる、すべての恵みにたいして
「おかげさまで」と感謝する言葉らしい。


宿は二見浦の海沿い。




その昔、伊勢神宮に参拝する人々は、宮川や五十鈴川で心身を清めたそうだが
江戸の初めの頃になると、参拝者はまず清渚(きよなぎさ)の二見浦へ
浜参宮で禊をし、汚れを清めてから参宮する慣しが根付いたと言われている。


春の夕暮れ、二見の海は湖のように穏やかだ。
美しい松林が潮風にさやさやと揺れる。
これが西行法師の愛した海なんだな。




趣きある古い造りの旅館が立ち並ぶ
海辺のゆるやかな坂の参道を行くと、二見興玉神社が見えてくる。
ご祭神は猿田彦大神、宇迦御魂大神。
境内社には綿津見大神をお祀りされている。


猿田彦大神は天孫降臨の際に、
道を清めて導かれたことから、善導の神と称される、
開運招福、家内安全、交通安全の守護神。
宇迦御魂大神(豊受大御神)は稲の霊の神様で、衣食住と産業の守護神。
綿津見大神は海の守護をされる龍神様。


蛙さんは猿田彦大神のお使い。




「無事かえる」「貸したものがかえる」「若がえる」等々の
ご利益を受けた方々が献納した蛙さん。
可愛らしいお顔だね。
素敵なものが、たくさんかえってきそうだ。 (o^―^o)


境内には天の岩屋が祀られている。
天の岩屋とされる場所は、全国に何か所かあるが、ここもそのひとつ。


日本書紀には、根の国に向かう前に
天照大神にお逢いしたいと願い、高天原に参上した
素戔嗚尊(スサノオノミコト)に
天照大神は「国を奪いにきたか」と詰め寄ったとあるが
その様子は凄まじい。
八坂瓊勾玉を髪や腕に巻き、武具を身に付け、剣の柄を握りしめ、
地面を踏み付け、そのおみ足を腿まで大地にめり込ませ
堅い地面を淡雪のように蹴散して、雄叫びをあげて激怒したという。


……なんか、すごい。


素戔嗚尊はただ姉上にお逢いしたくてやってきただけで
邪心などないと証明するために、共に誓約(正邪の占い)することを申し出る。
天照大神はその願いを受け入れ、誓約のため
素戔嗚尊の剣を三つに折って、ばりばりと噛み砕き(!)、
吹き散らす息の霧の中から、三柱の女神を生み出した。


結局、素戔嗚尊はその誓約で邪な心がないことを証明した。
証明したけどー、邪心はないけどー、
悪戯はやめられないの♪という、なんだかなーな神様で
しかも、その悪戯のしようもなさと言ったら……。


天照大神の種播きした田んぼに、また種を播く、
田んぼに馬を放って、農作業の邪魔をする、
新嘗の準備をしている御殿にう○こしちゃう……。 ( ̄∀ ̄;)


なにしてんだか、なにがしたいんだか、
この神様の御心は計り知れない。


果ては天照大神が神衣を織っていらっしゃる所に、皮を剥いだ馬を投げ入れる。
もうここにいたっては、激怒臨界点を軽々と突破。


(ノ-_-)ノ~┻━┻


天照大神は天の岩屋に籠ってしまわれた。


闇の世になってしまい、困り果てた神々が
相談して知恵を出し合い、
なんとか天照大神をお引き出し申し上げたというお話だ。


ほんっとに日本の神様達って、のびのびとしている。
あっけらかんとおおらかで、愛らしく
日本書紀を読んでいると、わくわくする。


さてさて、今年は二十年に一度の式年遷宮の年。


夏に行われるお白石持行事に先立ち、
4月から6月にかけて七十余の奉献団が
次々と浜参宮に参り、道中で木遣りを披露する。




お白石持行事とは、新宮の敷地に敷くお白石を宮川で集め
奉献車や木そりで運んで奉献する行事。
通常は入る事ができない、四重の御垣内のご正殿間近まで
お白石を持参する神聖な行事のなので
奉献団は前もって二見興玉神社に浜参宮をし
心身を清めてから参加するのだそうだ。


道唄連と書かれた車には揃いの浴衣で三味線を弾く女性達、
和太鼓を叩く子供の姿。




二見興玉神社にお参りしたら、いよいよお伊勢さん。
JR近鉄・伊勢市駅から歩いて7〜8分、
豊受大御神がご鎮座される外宮へ。


……なんだけど、お参りの前に
ちょっと寄り道して伊勢うどん (*^-^*)

5iseudon


火除橋を渡ると外宮。
江戸の頃は橋の当たりまで民家があったので
街で火災が起きた時に、火の手から守るために作られたらしい。


豊受大御神は衣食住の恵みと、産業を守護してくださる神様。
衣食住の恵みを受けずに生きられる人はいない訳で
豊受大御神の「おかげ」に感謝してお祀りされたのだろう。


内宮ご鎮座から五百年程たった頃の事、
天照大神が雄略天皇の夢に現れて
「豊受大御神を近くに呼んで欲しい
 私ひとりでは大御饌も安心して食べられない」と仰せられた。


天照大神のお食事をつかさどる御饌都神として
豊受大御神を丹波の国からお迎えし、ご鎮座以来、
天照大御神、豊受大御神をはじめ神々に神饌(お食事)を
朝夕お供えする「日別朝夕大御饌祭」が、
どんな乱世の時代にも欠かす事なく、途切れる事なく、
およそ千五百年(!)、永々と粛々と続けられてきた。
神仏の事について、私はあまり詳しくないけれど
世界中探しても、希有な例ではないかと思う。


……ついつい、長くなっちゃった。
内宮の話は、また次に。


こんな駄文に長々とお付き合いくださった方々、感謝です!


「ねこのみるくちゃん」LINEスタンプ、こちらで販売中。
 ↓
http://line.me/S/sticker/1105440


どうぞ可愛がってやってくださいまし。

milk_st1.psd


応援クリック、よろしくね

    ↓

pig46pix.gifranking ありがとう!



〈暮らし〉の過去記事はこちらを見てね→過去記事のご紹介[ 暮らし ]
スポンサーサイト
 | Blog Top | 

鈴木道子

comichiko

Author:comichiko
フリーランスのグラフィックデザイナー。
装丁、パッケージ、VI、イラスト、
キャラクターデザインなどなど
いろいろやっている。
同じくグラフィックデザイナー(会社員)の主人とふたり暮らし。

ブログ内検索

著書のご紹介

カレンダー

03 | 2013/04 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

RSSフィード

リンク

クリック募金

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。