AX
手作りを楽しもう てづくり*てづくり
手作りで遊ぶちょっとだけスローライフな、ふたり暮らしをご紹介。
着物・手作り和装小物や手作り雑貨・お料理など、 日々の暮らしまわりのあれこれです。
過去記事もカテゴリー分けでご紹介しています。下のアイコンをクリックしてくださいね。
kimonokurashi2.jpg zakka2.jpg ryori2.jpg kurashi2.jpg nichiyoudaiku2.jpg
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | Blog Top | 
shiobuta.jpg


今日は暖かな一日だった。
少しずつ日が長くなってきて、そこここに春の兆しがちらほら。


ああ、早く確定申告やんなくっちゃ。
おっと、無粋な話で失礼。


さてさて、ご紹介する塩豚は
以前ダーリンがなんかのテレビで見たと言って教えてくれたもの。
(番組名は忘れちゃった。ごめんなさいね)


このお手軽保存食、すっかり気に入って
うちでは常備食品になっている。
作り方はとってもかんたん。


ブロック肉を2cmくらいの厚みに切り
全体に塩をまぶしてキッチンぺーパーに包み
さらにラップでぴっちりと包んで冷蔵庫で3~4日。
肉の色が生ハムのような透明感のある色になったら出来上がり。
熟成して旨味が濃く、とっても美味しい豚肉になる。


冷蔵庫で10日くらいは余裕で保存可能で
炒め物、スープ等々に何かと便利。
今日は旬の白菜を使って蒸し煮にしてみた。


塩豚白菜蒸しの作り方

材料(2~3人分)
塩豚 170g
白菜 1/4株
ぶなしめじ 1株
にんじん(小)1本
根生姜 1片
日本酒 50cc
黒胡椒 適宜


・根生姜を細く刻み、白菜、にんじんは食べやすい大きさに切る
・ぶなしめじは石付きを落とし、ほぐしておく
・土鍋に白菜の堅い部分を敷き詰め
 その上に白菜の柔らかい部分、ぶなしめじ、にんじん、根生姜をのせ
 日本酒をふりかけて蓋をし、弱火で15分煮る
・適当な大きさに切った塩豚をのせ、さらに弱火で10分蒸し煮にする
・黒胡椒を散らして出来上がり


うちでは手作り味噌を添えて食べる事が多いけど
シンプルに塩胡椒で仕上げても美味しいし
ぽん酢でさっぱり食べるのもいいよ。


こうして食べると、びっくりするくらい
たくさんの野菜が食べられてしまう。
ぎゅぎゅーっと旨味と栄養分が濃縮された
スープも残さず召し上がれ♪


〈おまけ猫〉

足温器、膝掛け、座布団に続き
今度ははんてんも盗られり。


それが何か?
2023_ml.jpg


……もぉ、いいわ。
それが気に入ったんだね。
好きにしたらいいから。


「ねこのみるくちゃん」LINEスタンプ、こちらで販売中。
 ↓
http://line.me/S/sticker/1105440


どうぞ可愛がってやってくださいまし。

milk_st1.psd


応援クリック、よろしくね

    ↓

pig46pix.gifranking ありがとう!



〈料理〉の過去記事はこちらを見てね→過去記事のご紹介[ 料理 ]
スポンサーサイト

テーマ:+おうちでごはん+ - ジャンル:グルメ

 | Blog Top | 
前々回の記事の続き。
繕い途中になっていた器がやっと仕上がった。


どう?どう?

0216chawan1.jpg


前々回の記事はこちらを見てね→やったぁ♪茶碗が割れたぞ!繕いに挑戦だぞー!


外側はこんな感じ。

0216chawan2.jpg


前記事では5分硬化型のエポキシ樹脂でかけらを繋ぎ
やすりで磨いた所までだった。


その後隙間や小さくて繋げなかった欠けの部分に
粘土状のエポキシ樹脂を詰めて乾かし
再度やすりをかけたのがこの状態。

0216chawan3.jpg


仕上げに真鍮粉で金の線をあしらう。


以前の記事にも書いたが、金をあしらう方法には二通りあって
新うるしで線を描き、真鍮粉を蒔く方法と
新うるしに真鍮粉を混ぜて線を描く方法がある。


前者は仕上がりが綺麗だが、何度も洗っていると金がはげてくる。
後者はラインがもったりするが丈夫で色落ちしにくい。
これはふだん使いの茶碗なので、後の方法で仕上げた。


使用する道具や、詳しい方法はこちら。
 ↓
器の金継ぎに挑戦・その2! 新うるしを使った金継ぎのやり方
金継ぎに挑戦・その4。新漆と真鍮粉を使ったニュウの繕い方。


今回の繕い、まあまあいい感じに仕上がってとっても満足。
派手にツギハギされて、なにやらゴージャス。
割れる前よりカッコよくなった(と思う)。


今までお気に入りだった茶碗が、超お気に入りに昇格。
愛着もひとしお。


メシが美味いぞぉ♪


〈今日もご機嫌、みるくにゃんこ〉

猫用ブラシを買ってきて、ブラッシングをしてあげようとしたのだけど
「なに?なに?なんの遊び?」とばかりに、ブラシにじゃれついて大喜び。
これっぽっちもブラッシングできず、みるくにブラシを奪われた。


がじがじがじ。
0216ml_1.jpg


たのしー!!!
0216ml_2.jpg


これ、好き。
0216ml_3.jpg


……そーか、気に入ったのか。


まったく(人間も含めて)生き物ってのは
思い通りにはならないものだ。


でもね、
それでーいいのだー。
それでーいいのだー。
ぼんぼんばかぼん、ばかぼんぼんっとくらぁ。


「ねこのみるくちゃん」LINEスタンプ、こちらで販売中。
 ↓
http://line.me/S/sticker/1105440


どうぞ可愛がってやってくださいまし。

milk_st1.psd


応援クリック、よろしくね

    ↓

pig46pix.gifranking ありがとう!



金繕いの過去記事はこちらを見てね→金継ぎ・新漆の過去記事のご紹介
 | Blog Top | 
tanpaku.jpg


えー、今回は器の繕いの続きをご紹介するつもりだったんだけど
まだ仕上げていないので、お料理紹介になっちゃった。


先週の土曜日、夕方の打ち合わせから帰った後
電池切れちゃったみたいで
15時間眠り続け、起きて、飯喰って
15時間眠り続け、起きて、酒飲んで、8時間寝た。


起きる度に、ダーリンにマッサージをしてもらって
睡眠と飯と酒とダーリンの愛で
月曜日の朝にはバッテリーフルチャージ。
元気に仕事再開だい♪


そんな訳で(どんな訳だ?)器の仕上げは次回。


この料理、見た目は豚肉巻きみたいに見えるでしょ?
実は大豆たんぱくのヘルシー野菜巻き。


使ったのはこれ。

0209tanpaku2.jpg


先日近所の自然食材の店で見つけて、試しに買ってみた。
お湯で戻すと倍ぐらいの大きさになり
見た感じは茹でた豚肉のよう。
食感も肉に近いけど、お味はやはり大豆って感じ。
お肉大好き派の方には、物足りないかもしれないけど私は好き。


ではでは、レシピのご紹介。


大豆たんぱく野菜巻きの作り方

材料(2人分)
大豆たんぱくうす切り 20g
かつお出汁 100cc
にんじん 40g
白菜 50g
小ネギ 2~3本
焼き海苔 1枚
焼き肉のタレ 適宜
塩 適宜
サラダ油 適宜


・大豆たんぱくを10分ほどお湯で戻した後
 水で洗って水気を切る。これを3回ほど繰り返す
・水気を切った大豆たんぱくに焼き肉のたれをからめる
・出汁に塩を加え、千切りにしたにんじんと白菜に火を通す
・大豆たんぱくににんじん、白菜、小ネギを巻き
 縦に8等分した海苔を巻き付け、楊枝でとめる
・フライパンに油を敷き、軽く焦げ目が付くくらい焼く


油を使ってるのでボリュームもあるヘルシーおかず。
うちはピリ辛好きなので、焼き肉のタレに
辛味調味料を入れたけど、そこはお好みで。
子供さんのいるおうちでは、甘めのタレの方が喜ばれるかもね。


最近は撮影していると、必ず猫がくる。


あー、これこれ。君は食べちゃダメよ。
0209ml_1.jpg


お、興味が移ったか?
0209ml_2.jpg


庭に来ているめじろか。
0209ml_3.jpg


めじろちゃんを脅かさないでおくれよぉ。
毎日エサをあげて、愛でているんだから。


言う事聞く気、まったくないな、この子は。
にゃあにゃあ言うなってばよ!


「ねこのみるくちゃん」LINEスタンプ、こちらで販売中。
 ↓
http://line.me/S/sticker/1105440


どうぞ可愛がってやってくださいまし。

milk_st1.psd


応援クリック、よろしくね

   ↓


risuaniranking ありがとう♪



〈料理〉の過去記事はこちらを見てね→過去記事のご紹介[ 料理 ]

テーマ:+おうちでごはん+ - ジャンル:グルメ

 | Blog Top | 
0201_wan1.jpg


エポキシ樹脂と新うるしを使っての
簡易金継ぎをはじめたのがかれこれ2年前。


ずーっと茶碗が割れるのを待っていたのだよ。
待ってるとね、なかなか割れないの。
(本当は我慢できずに、1個わざと割っちゃったけど……)


待ちかねたぜい♪
こんだけ割れれば大満足だ。


早速、作業開始。


今回はまず5分硬化型の速乾性樹脂を使用。
かけらをひとつずつ、あわせていくのだが
接着させて置いておくと、陶器の重みでじわじわとズレていってしまう。
なんとか固定させようといろいろ試したがうまくいかない。


結局「乾くまで持っている」という地味な作戦で
ひとつひとつ繋ぎ合わせていった。


これがかけらを繋ぎ合わせた状態。
0201_wan3.jpg


全体を繋ぎ、はみ出した樹脂をカッターで削ってやすりをかけている。
ついでに以前ニュウを繕った金部分も削りとった。


この後、粘土状のエポキシ樹脂で欠けた部分と
隙間を埋め、再度やすりをかければ下準備が出来上がる。
次回は、この仕上げをご紹介するね。


なんか上手くいきそうよ。
ふっふっふ♪


ついでに猫がじゃれついて
耳を折られたうさぎちゃんもなおしてあげよう。
usa1.jpg


耳がなおったうさぎちゃんと、その仲間達の緊急会議。
議題は「誰が猫の首に鈴を付けるか」
usa2.jpg


「なんの話をしてるの?」
usa3.jpg
「きゃあああああ!!!」


うさぎちゃん、またまたピーンチ!
猫、楽しそう。


「ねこのみるくちゃん」LINEスタンプ、こちらで販売中。
 ↓
http://line.me/S/sticker/1105440


どうぞ可愛がってやってくださいまし。

milk_st1.psd


応援クリック、よろしくね

    ↓

pig46pix.gifranking ありがとう!



金繕いの過去記事はこちらを見てね→金継ぎ・新漆の過去記事のご紹介

 | Blog Top | 

鈴木道子

comichiko

Author:comichiko
フリーランスのグラフィックデザイナー。
装丁、パッケージ、VI、イラスト、
キャラクターデザインなどなど
いろいろやっている。
同じくグラフィックデザイナー(会社員)の主人とふたり暮らし。

ブログ内検索

著書のご紹介

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

RSSフィード

リンク

クリック募金

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。