AX
手作りを楽しもう てづくり*てづくり
猫汕雑貨店(ねこあみざっかてん)スタッフブログ
着物・手作り和装小物や手作り雑貨・お料理など、 日々の暮らしまわりのあれこれです。
過去記事もカテゴリー分けでご紹介しています。下のアイコンをクリックしてくださいね。
kimonokurashi2.jpg zakka2.jpg ryori2.jpg kurashi2.jpg nichiyoudaiku2.jpg
先週土曜日のうめももさくらさんオフラインイベント
「はるのはな展」で開催した和小物作りのワークショップは
おかげさまで無事終了。
ほっと一息。


うららかな春の日、
妙法寺川の川沿いにあるギャラリー「楓あん」さんの窓からは
満開の染井吉野が眺められた。
ここの桜は日当りがいいのかな、ずいぶん開花が早い。


レトロで可愛らしい日本家屋で
おしゃべりしながらの、ちくちく縫い物は
なんだかおままごとをしているみたいな気分。

0330_1.jpg


かわいいパスケースの出来上がり。

0330_5.jpg


生地はいろいろ用意して、お好きなものを選んでいただいた。
この日は爽やかなブルー系の生地が人気。
夏が近いからかな。


そしてお持ちしたてづくりのお菓子と桜湯で一服。

0330namafu.jpg


桜の花と葉は去年塩漬けにしておいたもの。
香り良く漬かって、仕上がりは上々。
よかった♪


左のお菓子は粟の生麩で粒餡を包み
桜の葉の塩漬けで巻いて、桜の花をあしらっている。
右のお菓子は胡麻の生麩で餡を包んでいる。


「はるのはな展」はその名の通り
春らしい反物や和小物、和雑貨が色とりどりに並べられ
和の物大好きな私には
そりゃーもう、わくわくうきうきな
心躍る展示会だった。


0330_3.jpg


帯や反物、帯締め、帯留め、半襟などなど。
鏡台の前であれこれ反物をあわせて見ている方は
どれも素敵で、決めかねているご様子。
ふふふ、そうよね~。
なかなか決められなくなっちゃうのよね。
でも迷っている時間も楽しいの。


かわいらしい手拭いもいっぱい。

0330_4.jpg


その他にもアロマキャンドルやストラップなどや
草木染めの小物もズラリ。

0330_2.jpg


写真では小さくて見えづらいと思うけど
右下にあるのはバンブーコットンの布ナプキンと
クラッシックパンツ(ふんどし)。
ふんどしは一度身に付けてみると
その快適さに病み付きになってしまうらしく
今、男性にも女性にも人気急上昇中のアイテムだとか。


バンブーコットンは竹繊維50% 綿50%の手織り布で
ふんわりサラサラで頬擦りしたくなるような触り心地。
この布ナプキンの気持ちよさ、すっごいよ。


次回超おススメの布ナプキンを
詳しくご紹介するね。
私はもう紙ナプキンには戻れましぇん!


応援クリック、よろしくね

    ↓


 usaani_s.gifranking ありがとう♪



〈着物暮らし、和装小物〉の過去記事はこちらを見てね→過去記事のご紹介[ 着物暮らし、和装小物]
 | Blog Top | 
suzuki0325.jpg


先日さばいたでかい鱸は
お造り、わた煮、頭の塩煮と食べ倒したので
これが最後の半身。
今日はエスニック風のグリルでいってみよう。


わた煮、頭の塩煮の作り方はこちら
 ↓
これは珍味。魚のわた煮の作り方
鱸の頭を使った、旨味たっぷり塩煮の作り方


鱸のタイ風香草焼きの作り方

材料(2人分)
鱸の切り身 250g
コリアンダー(根) 2本分
      (葉) 1本分
にんにく 1片
ナンプラー 小さじ1/2杯
レモンしぼり汁 1/2個分
レモンスライス 適宜
塩、胡椒 適宜


・鱸の切り身に塩胡椒する
・すり鉢ににんにく、コリアンダーの根、
 レモンのしぼり汁、ナンプラーを入れてすり潰す。
・鱸の切り身に塗り、グリルでこんがりと焼く
・盛り付けてレモンスライスと
 コリアンダーの葉を添える


レモンのさっぱりした酸味と
コリアンダーのエスニックな香りで楽しむ一品。
鱸じゃなくても、白身の魚ならなんでもいけると思う。
真鯛を使ってもいいし、鰈も美味しいよ。


今回も大きな鱸を余す所なく完食♪
夕食3回分+朝食1回分を2人でがっちょり食べて
1050円はお買い得でござんしたー。


応援クリック、よろしくね

    ↓


 usaani_s.gifranking ありがとう♪



〈料理〉の過去記事はこちらを見てね→過去記事のご紹介[ 料理 ]

テーマ:+おうちでごはん+ - ジャンル:グルメ

 | Blog Top | 
いつも懇意にしていただいているブログ友達の
うめももさくらさんからのご依頼で
ワークショップを開催する事になりました。


みなさまに作っていただくのは
和布のICカードケース。


omote0323.jpg

ura0323.jpg


これは「 リメーク小物で楽しむふだんの着物―小物と帯作り、帯結び」でも
ご紹介しているかんたん小物。
こぢんまりした少人数のワークショップになる予定。


お借りする「楓あん」さんは
レトロでかわいらしい二階建ての日本家屋。
かつては友禅流しも行われていたという
妙正寺川沿いのギャラリー。


ほっこりと懐かしい風情の和室で
ちくちくてづくり小物を一緒に楽しみましょう。


開催 2009年3月28日(土)
場所 ギャラリー「楓あん」
   大江戸線・西武新宿線の中井駅から徒歩2分
時間 14:00~(1時間程度です)
料金 1500円(材料費を含む)


お申し込みはうめももさくらさんのHPからどうぞ。
 ↓
カードケース作りのワークショップ


中井駅から落合、高田馬場にかけては
明治~大正時代には江戸染色の産地として栄えた場所。
昭和30年代までは妙正寺川のあちこちで
染工場の職人さんたちが水洗いをする姿が見られたらしい。
現在では染め工場はずいぶんと少なくなってしまったが
江戸染色の文化と心意気は、この街の職人さんたちに
しっかりと受け継がれているのだそうだ。


この近辺には「林芙美子記念館」や
二葉苑さんの「新宿ミニ博物館」などもあって
街を散策してみるのも楽しそう。


お時間のある方、どうぞお気軽にいらしてくださいね。


応援クリックもよろしくね

    ↓

pig46pix.gifranking ありがとう!



〈着物暮らし、和装小物〉の過去記事はこちらを見てね→過去記事のご紹介[ 着物暮らし、和装小物]

 | Blog Top | 
shioni.jpg


一昨日体長60cmを超える大きな鱸を一匹買ってきた。
大きな魚を一匹買いしたその日は
いつものようにお造りとわた煮。


わた煮の作り方はこちら
 ↓
これは珍味。魚のわた煮の作り方


昨日の夕食はさばいておいた頭と尻尾の方を
さっぱり塩煮でいただいた。


魚の塩煮は以前テレビで田崎真也さんが
つくっていたお料理を参考にしたもの。
そのお料理は釣り立ての甘鯛と
なんかもう一種類(なんの魚だったか忘れちゃった)を
まるごと煮た豪勢なお料理だった。
頭と骨からとても良い出汁がでるという事なので
鱸でも美味しいかなと思ってやってみたら
これはこれでとっても美味しく仕上がった。


鱸の頭をナシ割りするのは、けっこう大変だけど
気合いを入れて出刃と木槌で叩き割るのだ。


鱸の頭を使った、旨味たっぷり塩煮の作り方

材料(2人分)
鱸の頭 1匹
尻尾の方 10cmくらい
昆布出汁 700cc
日本酒 50cc
塩 小さじ1杯
小ネギ 適宜


・鱸の頭はナシ割り、尻尾部分は2枚におろし
 鱗をとって真水で汚れを丁寧に洗い流す
・鍋に昆布出汁、日本酒、塩を入れひと煮立ちさせたら
 鱸を入れ落とし蓋をして7~8分煮る
・盛り付けて小ネギを散らす

 
私は柚子胡椒を添えていただいたが、これはお好みで。
ダーリンちゃんは柚子胡椒はない方が好きだと言っていた。


このお料理、美味しいおまけ付きだった。
昨晩の煮汁を器にとっておいたら
今朝ぷるんぷるんの煮こごりが出来ていた。
まぁ!
これは濃厚コラーゲンね。


このコラーゲンスープを昆布出汁でのばし
生姜を入れて雑炊にしたら
これがまた美味くて♪
雑炊だけ、また食べたいくらい。


残った半身は冷凍保存してあるので
近いうちにまた鱸レシピをご紹介するね。


応援クリックよろしくね

   ↓


risuaniranking ありがとう♪



〈料理〉の過去記事はこちらを見てね→過去記事のご紹介[ 料理 ]


テーマ:+おうちでごはん+ - ジャンル:グルメ

 | Blog Top | 
tenugui0318.jpg


前に椿の布巾を作った時のパターンを使って
手拭いを作ってみた。
今回は晒を玉ねぎの皮で染めたもの。
玉ねぎの皮はスーパーの店員さんが
バリバリ剥いていたので、
染め物に使いたいと言ってお願いしたら
「好きなだけ持って行って!」と言って
気持ちよく分けてくださった。


うれしー!


玉ねぎを使う度に皮をとっておいたけど
二人分の食事に使う程度では
なかなか染め物に使う程はたまらないのよね。


玉ねぎの皮を使ったら
浅黄色の穏やかな色に染め上がった。


作り方と道具は布巾と大体同じ。


椿の手拭いの作り方

準備する道具の詳細はこちら
 ↓
ステンシルでペタペタ、紅葉の半襟と銀杏の半襟の作り方


今回使った顔料樹脂染料アリテックスは
赤、黄、緑、白の4色


・晒を幅90cmに切る
・好みの色で染色する(白地のままでもOK)
 市販の染料(ダイロンなど)で染めると
 簡単で色もいろいろ選べる


使用したパターンと、染め付け方はこちら
 ↓
ステンシルで絵付けする、椿の布巾の作り方


・パターンは布巾で使った大きさの70%にして使用
・これを好きな位置に染め付けていく
・最後にアイロンをかけて色を定着させる


布巾は出力紙を切り抜いて染め付けたが
手拭いでは数多く染め付けるため
出力紙ではすぐにボロボロになってしまう。
今回は型紙の強度が必要なので
古いクリアフォルダを切り抜いて使った。


クリアフォルダでつくった型紙は
洗って保存しておく事が出来るので
この後も何度でも使える。


今度は白い椿に染めて、何か作ってみよう。
麻布のランチョンマットやコースターとかも可愛いかも。
なーんて言いながら使い回しができるからって
あれこれ作って椿だらけになっちゃったりしてね。


それでもいいもん。
椿好きだもん。


応援クリック、よろしくね

    ↓


 usaani_s.gifranking ありがとう♪



〈雑貨〉の過去記事はこちらを見てね→過去記事のご紹介[ 雑貨 ]

 | Blog Top | 
0316pasta.jpg


うららかな春の日差しの中、近所の緑道では
春を待ちかねた菜の花が
ポンポンと咲き始めたかと思ったら
あっという間に満開。


春が来たんだなぁ。


今日は菜の花を使ったショートパスタ
フィリージのかんたんレシピ。


菜の花とベーコンのアリオオリオ・フィジーリの作り方

材料(2人分)
フィリージ(乾物) 150g
菜の花 90g
ベーコン 70g
にんにく 一片
鷹の爪 1/2本(量はお好みで)
オリーブオイル 大さじ2杯
塩、胡椒、ピンクペッパー 適宜


・菜の花を軽く湯がいて冷水にとり
 堅く絞って食べやすい大きさに切る
・フライパンにオリーブオイル、みじん切りにしたにんにく
 鷹の爪を入れ弱火で焦がさないように温める
・香りが出てきたら1cm程の幅に切ったベーコンを加えて炒める
・鍋に湯を沸かし塩を入れ、フィリージを茹でる
(塩の量の目安は1リットルに大さじ1杯くらい)
・フィリージの茹で汁をおたま1杯程
 具材を炒めているフライパンに入れ
 オイルと茹で汁がしっかり馴染むまで火を通す
・茹で上がったフィジーリをフライパンに入れ
 さっと混ぜ合わせて味を馴染ませる
・塩、胡椒で味を整え、盛り付けてピンクペッパーを散らす


菜の花は見ても綺麗、食べても美味しい、
そのうえ種から油も摂れるナイス植物。
花より団子と言うけれど、私は花も団子も欲張りたい♪


〈ちょっとお知らせ〉

bazaar0316.jpg


このブログでも度々ご紹介している
「蔵の中」さんで、きものバザーが開催されます。


ここのバザー、すっごく良いのよ♪
出品される着物は、いつもどれも魅力的で目移りしまくり。
そのうえ「超」がふたつみっつ付くくらい良心的なお値段。
お店の方の言葉によると「ヤフオクよりお安く」との事。


前回の着物バザーで私がgetした品々はこちら
 ↓
先週の「きものバザー」の戦利品♪


素敵でしょ~、ふふふ。
お近くの方、よかったら覗いてみてくださいね。
私も行くつもりなので、もしかしたらお会いできるかも。


SHOP 蔵の中
東京都世田谷区松原5-20-17 TEL:03-3324-6778
きものバザー
2009年3月20日、21日、22日 11:00~18:00


応援クリックもよろしくね

    ↓

pig46pix.gifranking ありがとう!



〈料理〉の過去記事はこちらを見てね→過去記事のご紹介[ 料理 ]

テーマ:+おうちでごはん+ - ジャンル:グルメ

 | Blog Top | 
前回に引き続き、紙ゴミを燃やしてできた灰クレンザー効果。


ここからご覧になった方は前記事を見てね
 ↓
紙ゴミの灰をクレンザー代わりに使ってびっくり効果!(その1)


早速この効果の程を。

nabe_a1.jpg

nabe_a2.jpg

nabe_b1.jpg

nabe_b2.jpg

nabe_c1.jpg

nabe_c2.jpg


どうよ、どうよ!
すっごいでしょ~。


鍋の汚れの部分に灰をたっぷりふりかけて
水気を絞ったスポンジでこすると
見る見る汚れは落ちていく。


ただし焦げ付いた汚れは熱によって炭化しているので
ディスポーザーのようにツルツルって訳にはいかなかった。
頑固な汚れはアルミホイルをまるめて
灰の上から軽くこすったら
さっぱりとキレイに汚れを落とす事ができた。


ぴっかぴかになって、気持ちいい!


これはアルミやステンレスの鍋なので
アルミホイルを使って磨いちゃったけど
ホーローや銅製の鍋など
傷がつきやすい鍋は止めた方がいいと思う。
細かい傷がたくさん入っちゃうといけないからね。


それにしても、だ。
灰ってこんなびっくり効果があるんだね。
もうクレンザー買わなくてもいいかも。


うちは庭で焚き火をした灰を使ったけど
マンションにお住まいの方や
焚き火ができる場所がない方は
換気扇の下でフライパンを使って
紙ゴミを燃やしても大丈夫。
さっき試しにやってみたけど、全然OKだった。


紙ゴミはおおまかに千切って(10cm角程度)
一枚づつ燃やしながら、ゆっくり火にくべるようにすれば
大きく燃え上がらないからやりやすい。
普通のご家庭の1日分くらいの紙ゴミだったら
10分くらいで燃やせちゃうんじゃないかな。
ただし燃やす時にはまわりに引火しやすい物を
置かないように気を付けてね。


この灰クレンザー、
これからもいろいろ試してみようと思ってる。


なんだか楽しくなってきちゃった♪


応援クリックよろしくね

   ↓


risuaniranking ありがとう♪



〈暮らし〉の過去記事はこちらを見てね→過去記事のご紹介[ 暮らし ]

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

 | Blog Top | 
紙のゴミは基本的には束ねてリサイクルに出しているが
個人情報の入ったものはリサイクルには出せないよね。
こういう紙ゴミってけっこういっぱいある。
住所氏名の入った封筒やクレジットカードの明細、
公共料金の請求書などなど。


私の場合はその他に、仕事で使った企業データなどの書類が
たくさんあるのだが、こういう物はうかつに捨てる訳にいかない。
うちには卓上シュレッダーはないけど
買ったところで何百枚もある書類を
一枚一枚シュレッダーなんて、とてもやってられない。


とりあえず積んであったこれらの書類と
個人情報の入った紙ゴミを庭で燃やしてしまう事にした。
昨日の雨で草も土も湿っているし
風もないので焚き火にはもってこいの日だ。
古いフライパンで、困った紙ゴミを全部焼却処分した。


あー、さっぱり。


ところでこの燃やした後に残った灰、
昔は洗剤代わりや畑の肥料に有効利用されていたとの事。


折角だからちょっと試してみよっかなー、
という訳で残った灰をざるでふるい、
白くて細かい灰をわけて壜に詰めてみた。


0309hai.jpg


これは高温で完全殺菌されているからキレイなもんだ。
食器に使ったって大丈夫だろう。


まずはガンコ汚れのディスポーザーの蓋に
ひと匙ほど振りかけて濡らした古布でこすってみたら……。


0309futa_1.jpg 0309futa_2.jpg


どうよ、これ!


腰が抜ける程あっけなく、ツルツルッと汚れが落ちちゃった。
前に通販で買った万能クリーナー、あれはいったい何だったんだろう。


この昔ながらの灰クレンザー、いろいろ試してみる事にしよう。
次回は「灰で鍋磨きに挑戦!」をお届けしちゃうぞ。


あとね、これは焚き火のおまけ。

0309imo.jpg


やっぱり焚き火には焼き芋だよねー。
ホイルに包んで入れておいたサツマイモは
ホクホクの黄金色に焼き上がった。
個人情報や企業内部資料で焼いたお芋は甘露甘露。


じっくりと蒸し焼きにされ、甘味が増して
たいへんけっこうなお味でした♪


応援クリック、よろしくね

    ↓


 usaani_s.gifranking ありがとう♪


〈暮らし〉の過去記事はこちらを見てね→過去記事のご紹介[ 暮らし ]



テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

 | Blog Top | 
hoshienoki.jpg


昨日は冷たい雨が降っていたけど、今日は春のような暖かな日差し。
早春の寒暖差を三寒四温と言ったりするよね。
この三寒四温って言葉は、元々は中国から入ってきた言葉だそうだ。
中国や朝鮮半島はシベリア高気圧の影響で
寒い日が3日続いた後は温かい日が4日続く事が多いらしい。


今の季節、私の体感的には五寒一温か、四寒一温くらいの感じかな。
そうしてゆるゆると春がやってくる。
春になれば、またいつもの年のように
待ちかねたように若い葉が芽吹き花が咲く。


春、一番好きな季節なんだ。
冬を越えてきた命が、いっせいにはじける季節。
春を待つ気持ちもまた、毎年の静かな楽しみ。


さてさて今日は、干しえのきを使ったレシピのご紹介。
干しえのきはブログ友達のはらぺこねこさんに教えていただいたもの。
はらぺこねこさんのブログ「はらぺこねこのひとりごと」
やさしいオルゴールの音色と共に
とっても綺麗な写真で、美味しそうなお料理レシピなどを紹介されている
心暖まる素敵なブログ。


干しえのきはお父さまが手作りして送ってくださったものだそうだ。
えのきは乾物にする事で旨味が増すとの事なので
何日か天日に干して乾燥させてみた。


enoki0304.jpg


こうして乾燥させたえのきを
水で戻して使ってみたら、ホント美味しいわ♪
乾物にする事でギュッと味が濃くなって
シャキシャキとした歯ごたえも上々。
保存食としても重宝しそう。


干しえのきときくらげのピリ辛和えの作り方

材料(2人分)
干しえのき 20g
きくらげ 5g
白胡麻 大さじ1杯
醤油 小さじ1杯
酢 大さじ1杯
日本酒 大さじ1杯
胡麻油 小さじ1杯
鷹の爪 1/3本
白ネギ 適宜


・干しえのきときくらげをそれぞれ水で戻す
(15~20分位)
・木耳を5mmくらいの幅に切る
・鍋に醤油、酢、日本酒、輪切りに刻んだ鷹の爪を入れ
 ひと煮立ちさせる
・干しえのきときくらげを加え
 水分がなくなるまで煎り煮する
・胡麻油を加えて香りをつけ、白胡麻を入れて混ぜ合わせる
・器に盛りつけて白髪ネギを添える


おかずにもう一品欲しい時に、
日持ちする干しえのきと乾物のきくらげがあれば
ささっと作れちゃうから、とっても便利。


先日えのきがお安く出ていたから
たくさん買ってきちゃった。
今、庭に第二弾えのきがいっぱい干してある。
お味噌汁や炒め物など、何にでも使えそう。


みなさま、おためしくださいな♪


応援クリックよろしくね

    ↓

pig46pix.gifranking ありがとう!



〈料理〉の過去記事はこちらを見てね→過去記事のご紹介[ 料理 ]

テーマ:+おうちでごはん+ - ジャンル:グルメ

 | Blog Top | 
yasaiage0304.jpg


今年は暖冬のせいか、ずいぶん早くから
ふきのとうが店頭に出ているようだ。


ほろ苦く香り高いふきのとうは
間もなくやってくる春のお使いみたい。


この季節には毎年ふきのとう味噌をつくる。
そのままお酒の肴にしても美味しいし
ご飯のお供にもgood。
今日は野菜の素揚げに添えていただいた。


ふきのとう味噌でいただく野菜素揚げの作り方


ふきのとう味噌の作り方は過去記事を見てね
 ↓
春の山菜、うるいの煮浸しとふきのとう味噌の作り方


・大根を1cmほどの厚さの輪切りにして
 皮を剥き銀杏型に4等分する
・レンコンは5mm程度の輪切りにして
 食べやすい大きさに切る
・野菜の水気をキッチンペーパーで拭き取る
・大根は低温の油でゆっくりと火を通す
 竹串がすっと刺ささるようになるまで揚げる
・レンコンは中火で1分くらい揚げる
・盛り付けてふきのとう味噌を添える


野菜はなんでも良いが、白野菜があうようだ。
カリフラワーやカブ、白菜の芯なんかも美味しいと思うよ。


今日はまだ完全に風邪が治っていないけど
資料探しや画材集めで雨の中を4~5時間歩き回り
すっかり体が冷えきってしまったので
帰宅してすぐにお風呂を湧かして温まった。


いやぁ、極楽極楽。
ホントにお風呂はいいねえ。
生まれてきて良かったなーって気持ちになるわ。
たっぷり1時間半、お湯に漬かって毒抜きしちゃった。


そして風邪の時の頼もしい味方が
「ホカロン電子レンジ湯たんぽ」。


温かくしていても背筋がゾクゾクするような時に
このお友達を電子レンジで2~3分加熱して
背中に当てて寝ると、これがまた素晴らしい!
手足までポカポカと温まって、関節の痛みもすーっとが楽になる感じ。


電子レンジもホカロン湯たんぽも
こんな便利な物、秦の始皇帝だって持ってなかった。
徳川の将軍様だって、ローマ皇帝だって
持っていなかったような代物だ。


今の日本に生まれた事に心底感謝しつつ
今日はもう休む事にしましょ。


応援クリックよろしくね

   ↓


risuaniranking ありがとう♪



〈料理〉の過去記事はこちらを見てね→過去記事のご紹介[ 料理 ]



 | Blog Top | 
0302fukin.jpg


ちょっと風邪をひいていて、更新をサボってました。
コメントをいただいたみなさん
お返事が遅くなってごめんなさい。


今回は毎月の布巾4作目、寒椿を絵付けしてみた。
3月はじめの記事が2月の布巾。


それが何か?(←そのうえ逆ギレ)


この布巾は晒を紅茶で染めたもの。
ほんのりと赤味のある、やさしいベージュになった。
今回は色の抜きあわせをする方法をご紹介するね。


椿の布巾の作り方

道具の詳細は前記事を見てね
 ↓
ステンシルでペタペタ、紅葉の半襟と銀杏の半襟の作り方


今回使用した顔料樹脂染料アリテックスは
赤、黄、緑、白の4色。


*使用したパターン(50%)
 tsubaki0302.jpg


・パターンを3枚出力する
・花びら用、花弁用、葉用の型紙をそれぞれカッターで切り抜く

0302fukin_1.jpg

0302fukin_2.jpg

0302fukin_3.jpg

0302fukin_4.jpg


・雪のパターンは紙にポンチで穴を開け
 白のアリテックスで好きな位置に染め付ける


この椿の花のパターンを使って
手拭いも作ってみたくなった。
最近はハンカチがわりに、もっぱら手拭いを使ってる。
手拭い、すごくいいよ~。
ハンカチよりずっと大判だから、しっかり吸水してくれるし
ひざに置いてトーション代わりに使ったりしている。


近いうちに椿の手拭いもご紹介するね


応援クリック、よろしくね

    ↓


 usaani_s.gifranking ありがとう♪



〈雑貨〉の過去記事はこちらを見てね→過去記事のご紹介[ 雑貨 ]

 | Blog Top | 

鈴木道子

comichiko

Author:comichiko
フリーランスのグラフィックデザイナー。グラフィック全般、ブックデザイン、パッケージ、イラストレーションなどを制作。2017年3月にオープンした、ネットショップ猫汕雑貨店(ねこあみざっかてん)店長。

ショップのご紹介

ブログ内検索

著書のご紹介

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

RSSフィード

リンク

クリック募金