AX
手作りを楽しもう てづくり*てづくり
猫汕雑貨店(ねこあみざっかてん)スタッフブログ
着物・手作り和装小物や手作り雑貨・お料理など、 日々の暮らしまわりのあれこれです。
過去記事もカテゴリー分けでご紹介しています。下のアイコンをクリックしてくださいね。
kimonokurashi2.jpg zakka2.jpg ryori2.jpg kurashi2.jpg nichiyoudaiku2.jpg
先日このブログを見てくれている方から
「いつも暮らしまわりの事を書いていらっしゃいますが
 時事問題などには、ご興味がないのですか?」と聞かれた。


興味がない訳ではない。


ただ私は少し人と違う感じ方をするようだし
考えている事をハッキリと言う性質だ。
そのうえメディアの誘導や世論を信じるような
純粋なココロをとっくの昔に失っている。


そういう人間が時事問題、政治経済などの記事を書くと
どういう事になるか、だいたい想像がつく。


ブログ炎上。


コントロール不可能になって、ブログ閉鎖。


ね、止めておいた方がいいでしょ?
なので今日もゆるゆると、お料理の話なんぞを……。


冷めてもサクサク、失敗しない天ぷらころもの作り方

コツは玉水。
これは500ccの出汁に卵黄1個を混ぜ合わせたもの。
卵白は天ぷらころもには使わない。


この玉水を冷蔵庫で冷やしておき
キンキンに冷えた玉水で小麦粉(薄力粉)をさっと混ぜ合わせる。
この時、あまり練ってしまうと粘りがでてしまうので
多少ダマが残っても気にせずに、具材に絡めてさっと揚げる。


ダマは油で揚げてしまえば大丈夫。


ころもが多めの天ぷらがお好みの方は
菜箸を5~6本束ねて衣をつけ
揚げ油のなかの天ぷらの上に散らしていく。
(これは花ごろもと言うそうだ)


これで作るとサクサク、カラリと仕上がって
冷めてもべしゃっとならない天ぷらが揚げられる。


そうめんやお蕎麦と一緒に食べると美味しいよね。


今日はこのころもで大根の天ぷらを作った。

daikon0813.jpg


大根の天ぷらはこの本に載っているお料理。


白野菜 (野菜引きレシピ)白野菜 (野菜引きレシピ)
(2005/01)
舘野 鏡子

商品詳細を見る



ころもに黒胡麻を混ぜて、カラリとあげた大根を
酢醤油でいただく。


大根を天ぷらにするって、考えた事もなかったけど
これが本当に美味しいの!


この料理は著者の舘野鏡子氏が
料理の世界に入るきっかけとなった
コンクール入賞作だそうだ。


シンプルな料理だけど、すっごく新鮮だった。
大根本来の味が油で際立って
サックリころもとホクホクとした大根の歯ごたえが絶妙。


他にも素敵なレシピがてんこもりのおススメの1冊だよ。


ブログの応援もよろしくね♪
    ↓

 usaani_s.gifranking ありがとう!


テーマ:+おうちでごはん+ - ジャンル:グルメ

 | Blog Top | 

鈴木道子

comichiko

Author:comichiko
フリーランスのグラフィックデザイナー。グラフィック全般、ブックデザイン、パッケージ、イラストレーションなどを制作。2017年3月にオープンした、ネットショップ猫汕雑貨店(ねこあみざっかてん)店長。

ショップのご紹介

ブログ内検索

著書のご紹介

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

RSSフィード

リンク

クリック募金