AX
手作りを楽しもう てづくり*てづくり
手作りで遊ぶちょっとだけスローライフな、ふたり暮らしをご紹介。
着物・手作り和装小物や手作り雑貨・お料理など、 日々の暮らしまわりのあれこれです。
過去記事もカテゴリー分けでご紹介しています。下のアイコンをクリックしてくださいね。
kimonokurashi2.jpg zakka2.jpg ryori2.jpg kurashi2.jpg nichiyoudaiku2.jpg
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | Blog Top | 
昨日7月20日は祖母の命日だったので
東池袋のお寺へお墓参りに行って来た。


前の日にも誰かがお参りに来たらしく
お花が飾られ、綺麗に洗われた湯のみに水が張られていた。


伯母かな、姉弟かな。


この暑さなのでお花の水は乾ききっていて
少し痛んでいたので、痛んでない花を選り分けて
新しいしきびと共に飾ってきた。


暑かったわ~。
でもやっぱりお参りには、行ってよかったな。


話は変わって、朝釣ったばかりの
大きな鯖を3匹いただいた。


刺身で食べられるほど新鮮な鯖は
東京では店頭に並ぶ事は滅多にないので
早速さばいてお刺身に。


やっぱ青魚は鮮度が命ねー。
とっても美味しくいただきました♪


残った分はすぐにしめ鯖にした。
今日はしめ鯖のレシピをご紹介するね。


しめ鯖の作り方
shimesaba.jpg
材料
刺身用鯖(3枚におろしたもの) 1匹
酢 100cc
レモン 輪切り2~3枚
塩 適宜


・鯖はキッチンペーパーで水気をよく拭き取る
・塩を鯖の皮側にはたっぷりと、内側の身の方には軽く振り
 キッチンペーパーにくるみ、その上からラップでぴったりと包む
・この状態で6時間、冷蔵庫で保存
・酢水で塩を洗い流し、皮を剥いたレモンの輪切り共に
 水300ccと酢100ccの酢水に漬ける
・さらに冷蔵庫で3時間置いたら出来上がり


このレシピは
旭屋出版の「和食の基本技術(魚介・海藻編)遠藤十士夫」を参考にしている。
材料の量は違うけど、比率や手順は同じ。
お店で買って来るしめ鯖よりも、
甘さも酸っぱさもずっとマイルドで食べやすく仕上がるよ。

和食の基本技術 魚介・海藻編―プロの仕事がすぐに身につく!和食の基本技術 魚介・海藻編―プロの仕事がすぐに身につく!
(1999/11)
遠藤 十士夫

商品詳細を見る



この本は鯵や鰯などの小さな魚から、
鯛などの大きな魚のさばき方、
蛸やうなぎ、貝類や海藻類の扱い等々
手順写真入りで丁寧に載せてくれている。


魚をさばくのはちょっと苦手って思っている方でも
この本だったらわかりやすいんじゃないかな。
おススメの1冊です。


魚を食べると頭が良くなる(らしい)!
応援クリック、今日もよろしくお願いします。


   ↓


risuaniranking いつも ありがとう♪


スポンサーサイト

テーマ:+おうちでごはん+ - ジャンル:グルメ

 | Blog Top | 

鈴木道子

comichiko

Author:comichiko
フリーランスのグラフィックデザイナー。
装丁、パッケージ、VI、イラスト、
キャラクターデザインなどなど
いろいろやっている。
同じくグラフィックデザイナー(会社員)の主人とふたり暮らし。

ブログ内検索

著書のご紹介

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

RSSフィード

リンク

クリック募金

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。