AX
手作りを楽しもう てづくり*てづくり
手作りで遊ぶちょっとだけスローライフな、ふたり暮らしをご紹介。
着物・手作り和装小物や手作り雑貨・お料理など、 日々の暮らしまわりのあれこれです。
過去記事もカテゴリー分けでご紹介しています。下のアイコンをクリックしてくださいね。
kimonokurashi2.jpg zakka2.jpg ryori2.jpg kurashi2.jpg nichiyoudaiku2.jpg
うちのすぐ脇にある緑道には
下水再生水の人口の小川が流れていて
毎年5月になるとカルガモの雛が孵る。


今年も9羽の雛が産まれ、可愛らしい姿で
道行く人達を楽しませてくれている。


kamo1.jpg

孵ってから10日くらいなのかな。
まだ小さいけど、これでもすいぶん大きくなったの。


kamo2.jpg

ちっともじっとしててくれないから、写真がピンぼけ。


kamo3.jpg

まだまだ、飛べない。


カルガモは一度の産卵で数個の卵を産むそうだ。
雛が9羽も居るのは何故かっていうと
最初は2羽の母ガモが、それぞれ数個の卵を産んだのだが
母ガモ同士がテリトリー争いをして、1羽がその場所を追われたらしい。


場所を追われた母ガモの雛は、なんとなく他の雛たちと合流。
勝ち残った母ガモは、どの子が自分の子だったのか
わかんなくなっちゃったみたいね。


今では「全部自分が産んだ子」みたいな顔をして
雛たちを守っている。


この緑道は人通りも多く、みんなが雛を見に集まってくるけれど
カルガモはまったく人を恐れていないご様子。
ちょっと手を伸ばせば触れるくらいの所に、悠々と休んでいる。
警戒心まったくないのよね、野鳥なのに。


でもカラスなどの危険な敵は
人間がいると雛に近づかないから
カルガモにとっては人間の近くの方が
むしろ安心と判断したみたい。


鳥達もそれなりに、都会に順応していくんだなぁ。


日が暮れてカラスが帰る頃まで
緑道には雛を愛でる人達の姿がちらほら。
わかっているのかいないのか
ちゃぷちゃぷと楽しそうに遊ぶ雛たちは、
得も言われぬ愛らしさ♪


連れて帰って、一緒にお風呂に入りたい!
……なんて考えている私の方がカラスより危険?


でも考えているだけだもん、そんな事はしないってば!


応援クリック、よろしくねpig46pix.gifranking いつもありがとう♪


 | Blog Top | 

鈴木道子

comichiko

Author:comichiko
フリーランスのグラフィックデザイナー。
装丁、パッケージ、VI、イラスト、
キャラクターデザインなどなど
いろいろやっている。
同じくグラフィックデザイナー(会社員)の主人とふたり暮らし。

ブログ内検索

著書のご紹介

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

RSSフィード

リンク

クリック募金