AX
手作りを楽しもう てづくり*てづくり
手作りで遊ぶちょっとだけスローライフな、ふたり暮らしをご紹介。
着物・手作り和装小物や手作り雑貨・お料理など、 日々の暮らしまわりのあれこれです。
過去記事もカテゴリー分けでご紹介しています。下のアイコンをクリックしてくださいね。
kimonokurashi2.jpg zakka2.jpg ryori2.jpg kurashi2.jpg nichiyoudaiku2.jpg
以前、新漆と真鍮粉を使ったニュウの繕い方をご紹介した。
器の金継ぎに挑戦・その2! 新うるしを使った金継ぎのやり方


その後、いろいろな本で金継ぎ作品を見ていて思ったんだけどね


汚いな、私の繕い。
ニュウの繕いの線が、もったりと太くて野暮ったい。


面白くないぞ。


再挑戦だ、キリッとほっそい線を描きたい!


と思って始めたが、これがまた……。
どうにも上手く描けない、何度やっても気に入らない。


こうなると私は相当しつこい。


夜な夜な器と道具を取り出して
3時間でも4時間でも描いては拭き取り、
描いては拭き取りを延々と繰り返す。


筆を変えたり、濃度を変えたり、筆の持ち方を変えたりしながら
あーでもない、こーでもないと、やり続ける。


そしてようやく出来た、自己採点で及第点(ギリギリだけど)の繕い。


器表
utuwaomote.jpg

上の皿が今回の繕い、下の茶碗は前回の物。


器裏
utuwaura.jpg

左が前回の繕い、右が今回繕ったもの。


こうして見ると、全然違うでしょ?


取り皿仕上がり
torizarasiage.jpg



うまく柄となじむ太さで、線が描けた(と思う)。
綺麗なお皿でしょ?
これも蔵の中さんにいただいた器。


新漆に真鍮粉を溶いて繕うやり方だと
細い線が描けなかった。
漆が盛り上がるように描こうとすると
どうしてももったりと太くなってしまうみたい。


次回は新漆で線を描き、その上から真鍮粉を蒔く
今回繕った方法をご紹介します。


それにしても何時間も同じ器をいじくり回している私に
ダーリンはちょーっと呆れているかも?


でもね、マイラブは私が何かを始めた時に
反対したり、否定的な事を言ったりしたことは一度もないのよ。
……言っても無駄っていう言い方もできるけど。


いいの。
びゅんびゅん走るの。
ハンドルはついてないの。


応援クリック、よろしくです!usaani_s.gifranking ありがとう♪


テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

 | Blog Top | 

鈴木道子

comichiko

Author:comichiko
フリーランスのグラフィックデザイナー。
装丁、パッケージ、VI、イラスト、
キャラクターデザインなどなど
いろいろやっている。
同じくグラフィックデザイナー(会社員)の主人とふたり暮らし。

ブログ内検索

著書のご紹介

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

RSSフィード

リンク

クリック募金