AX
手作りを楽しもう てづくり*てづくり
手作りで遊ぶちょっとだけスローライフな、ふたり暮らしをご紹介。
着物・手作り和装小物や手作り雑貨・お料理など、 日々の暮らしまわりのあれこれです。
過去記事もカテゴリー分けでご紹介しています。下のアイコンをクリックしてくださいね。
kimonokurashi2.jpg zakka2.jpg ryori2.jpg kurashi2.jpg nichiyoudaiku2.jpg
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | Blog Top | 
前にこのブログでご紹介した
「器の金継ぎに挑戦!手始めに……」
「器の金継ぎに挑戦・その2! 新うるしを使った金継ぎのやり方」
この記事についてokitakioさまよりご意見をいただきました。


私の言葉が足りなかったため、誤解を生じる可能性があると考え
補足説明をさせていただきます。


ここで私がご紹介した金継ぎは
本漆を使う伝統的な金継ぎではなく
ふだん使い用の器を簡単に補修するやり方です。


高価な器や芸術性の高い器に、この方法はお勧めできません。


本格的な金継ぎをやってみたいとお考えの方は
金継ぎの教室等で正しく学ばれる事をお勧めします。


私の方法は道具の説明書を読み、材料店の方のお話を伺い
初心者用の本を参考にしていろいろと試しつつ
練習のつもりでやってみたもの。


参考にした本はこちら。
淡交社「やさしい金つくろい入門」指導 大野雅司・野上忠男
指導にあたられている大野雅司氏は
安全でやさしい金繕いを、材料と技術の試行錯誤のうえ
あらたに考えだされた方で
銀座のギャラリー「工芸いま」で
金繕い教室の講師をなさっているそうです。


このブログは、普段の暮らしの中の手作りや
リメイクをテーマにしています。
痛んだり古くなったものに、ちょっとひと手間を掛けて
大切に使っていきたいという、ささやかな暮らしの提案です。


例えばこれ、以前友人からお土産にいただいたもの。
haizara.jpg



柔らかい土の焼き物なので、塗料が何カ所か欠けてしまった。


痛んだものは処分して、新しいものを購入するのは簡単。
でもひと手間掛けて、使い続けるのも悪くない。
よりいっそう愛着も湧くし。


だけど伝統的な繕いは、なかなか現実的には難しいと思う。
本漆を使って繕い、半月の間
温度湿度の管理をしながらムロに入れ乾燥させて……等々。
それを考えるとそれだけの手間暇を掛ける程、高価なものでもないし
新しくてきれいな品を購入したくなってしまうよね。


金繕いはとても奥深い文化で、熟練した高度な技術が必要だ。
でもそれはふだんの暮らしの中のものとしては
難易度が高すぎて、間口が狭い。


例えば「和服」だって、大きく括れば
十二単も「和服」、甚平も「和服」だ。
留袖を着てコロッケを揚げる人はいないように
フォーマルとカジュアルは使い分けるものだ思う。


でも現在、着物はこうあるべきという形式が重くなり
「着物は着てみたいけど、自分には無理」と
そんな風に感じる方が多くなってしまった。
夕暮れの商店街、ふだん着物で買い物をするお母さんの姿は、
永久に失われてしまうのかな。


ちょっと話がそれちゃったけど、金継ぎも同じで
修練を積み技術を身に付けた人だけのものと思わずに
ふだんの暮らしの中に活かせる方法も
あっていいんじゃないかと思ってる。


またまた長い記事になってしまい、失礼しましたー。
今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


卓上カレンダープレゼントの、
ありがとうキャンペーン続いています。
どしどしご応募ください♪



応援よろしくpig46pix.gifranking ありがとう♪


スポンサーサイト
 | Blog Top | 

鈴木道子

comichiko

Author:comichiko
フリーランスのグラフィックデザイナー。
装丁、パッケージ、VI、イラスト、
キャラクターデザインなどなど
いろいろやっている。
同じくグラフィックデザイナー(会社員)の主人とふたり暮らし。

ブログ内検索

著書のご紹介

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

RSSフィード

リンク

クリック募金

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。