AX
手作りを楽しもう てづくり*てづくり
手作りで遊ぶちょっとだけスローライフな、ふたり暮らしをご紹介。
着物・手作り和装小物や手作り雑貨・お料理など、 日々の暮らしまわりのあれこれです。
過去記事もカテゴリー分けでご紹介しています。下のアイコンをクリックしてくださいね。
kimonokurashi2.jpg zakka2.jpg ryori2.jpg kurashi2.jpg nichiyoudaiku2.jpg
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | Blog Top | 
干し椎茸でとった出汁の葛あんで。
体にやさしい味がする、お気に入りの一品。
今日はこのレシピをご紹介。
satoimo


作り方
材料
里芋しんじょ8個分(6個は冷凍保存用にした)
葛あんは2人分
里芋7~8個、蓮根100g、干し椎茸2個、
人参10g、絹さや5~6本、葛 適宜


1.水150ccに干し椎茸2個を入れ、
 2~3時間浸けておく。


2.ゆっくりと暖め、沸騰する前に干し椎茸を取り出す。


3.取り出した干し椎茸は細かく刻んでおく。


4.里芋を剥いて4等分に切り
 たっぷりの塩でよく揉み、下茹をしてぬめりをとる。


5.お湯をかえて、里芋が柔らかくなるまで煮る。


6.蓮根を細かく刻む。
 人参はスライサーでスライスし細い千切りに。
 絹さやは筋を取って、千切りにしておく。


7.柔らかく煮えた里芋を熱いうちにつぶし
 刻んだ干し椎茸と蓮根を混ぜ合わせる。


8.7を八等分してまるめ、
 片栗粉をまぶし、2cm位の厚みに丸く形を整える。
(冷凍保存する分は、ラップで密封して保存する)


9.中温の油で少し色がつくまで揚げる。


10.2の出汁に日本酒、醤油を入れて一煮立ちさせ
 塩で味を整えたら、水解きした葛を入れ
 とろみがついたら人参、絹さやを入れて火を止める。
(人参、絹さやは余熱で火が通る。
 この位の方が歯触りが残って美味しい。
 しっかり火を通した方が好みなら、
 ここでもう少し暖める。


11.しんじょを器に盛り、10をたっぷりかける。


美味しいけど、手が掛かる割には
メインディッシュにならないのが苦しいところ。
なのでたくさん作って冷凍保存しておく。
揚げて葛あんをつくるだけならすぐできるもんね。


器は古民具店で購入したもの。
写真にはないけれど、蓋付きの綺麗な漆の椀。


一緒に購入した子盆、これは京漆匠の象彦のもの。
cobon


何もそんなにと思うくらい、良心的な価格だった。
蓋付きの漆の器300円、子盆は500円。
300円って煙草一箱、毎日煙になって消えていく金額だぞ。


ここの古民具店は古建具や器の他に着物も扱っていて
時々着物やリメイク材料を買っているお店。
素敵なものがたくさんあって、
物欲に火がつきそうになる自分を、
なんとかなだめている今日この頃。


民家再構 SHOP蔵の中
http://www.kurano-naka.com/index.html



応援よろしくです♪くusaani_s.gifranking


スポンサーサイト
 | Blog Top | 

鈴木道子

comichiko

Author:comichiko
フリーランスのグラフィックデザイナー。
装丁、パッケージ、VI、イラスト、
キャラクターデザインなどなど
いろいろやっている。
同じくグラフィックデザイナー(会社員)の主人とふたり暮らし。

ブログ内検索

著書のご紹介

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

RSSフィード

リンク

クリック募金

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。