AX
手作りを楽しもう てづくり*てづくり
手作りで遊ぶちょっとだけスローライフな、ふたり暮らしをご紹介。
着物・手作り和装小物や手作り雑貨・お料理など、 日々の暮らしまわりのあれこれです。
過去記事もカテゴリー分けでご紹介しています。下のアイコンをクリックしてくださいね。
kimonokurashi2.jpg zakka2.jpg ryori2.jpg kurashi2.jpg nichiyoudaiku2.jpg
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | Blog Top | 
アンティークショップで
リメイク用に購入した細帯を解いたら、
帯芯に古い暖簾が使われていた。


noren
sold out

電話番号八十七番と染め抜いてある。


民間で電話開通したのが、明治23年で
電話番号が縦書きから横書きに変更されたのは大正14年。
若い番号だから、きっと明治時代の物だと思う。


当時電話を持っているなんて、
高級官史かすげえお金持ちだったんだろうな、きっと。
渋沢栄一(158番)、大隈重信(177番)って時代だから。


その頃、電話をかける時は
「もしもし」じゃなくて「おいおい」って呼びかけたんだって。


なんか横柄だな、掛け方が。
お偉いさんばっかしだったからかな。
受けた方は「はい、ようござんす」と答えていたとか。


「ざんす」って……。


あ、でも、そういえば明治生まれの祖父は
「ようござんす」という言葉をよく使っていた。
普通に使われていた言葉なんだろうな。


この暖簾に染められた、今治新町っていうのは
愛媛の今治市なのかなあ。


明治時代の愛媛の大店、その暖簾がリメイクされ、
回り回って東京世田谷のアンティークショップに流れ着き
私の元にやって来たのか……。


何に使ったらいいのかわからないけど、捨てがたい。


どうしよう、これ。


誰か貰って。

ひとつしかないので一名さまのみですが
送料を負担していただければお送りします。


こういう品物なので、ノークレームでお願いします。


ここんとこ、クリック♪→risuaniranking


スポンサーサイト
 | Blog Top | 

鈴木道子

comichiko

Author:comichiko
フリーランスのグラフィックデザイナー。
装丁、パッケージ、VI、イラスト、
キャラクターデザインなどなど
いろいろやっている。
同じくグラフィックデザイナー(会社員)の主人とふたり暮らし。

ブログ内検索

著書のご紹介

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

RSSフィード

リンク

クリック募金

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。