AX
手作りを楽しもう てづくり*てづくり
手作りで遊ぶちょっとだけスローライフな、ふたり暮らしをご紹介。
着物・手作り和装小物や手作り雑貨・お料理など、 日々の暮らしまわりのあれこれです。
過去記事もカテゴリー分けでご紹介しています。下のアイコンをクリックしてくださいね。
kimonokurashi2.jpg zakka2.jpg ryori2.jpg kurashi2.jpg nichiyoudaiku2.jpg
2015wineglass1.jpg

ふだん使いにしていたワイングラスを欠いてしまった。
こんなに丈夫で分厚いガラスでも欠いちゃうのか、私って?
ガラスは基本的に繕いはできないけれど
以前繕ったガラスのバターケースは健在だし
ワイングラスも花器として使うなら大丈夫でしょう。


今回はガラス金属用で無色透明の硬化剤と
新うるしに銀粉を混ぜたもので欠けとヒビを補修。

2015wineglass3.jpg


詳しい繕い方はこちらを見てね。
 ↓
器の繕いに挑戦・その5 折れたレンゲを繕ってみました


このままだと、なんか不細工なので
ネイル用のラインストーンとラメでデコレート。
同じく無色透明の硬化剤でラインストーンを貼り
欠けの部分にはネイルのトップコートを塗った上に
シルバーのラメを振りかけ、乾いたら余分なラメをはたき落として
もう一度トップコートを塗る。
硬化剤とトップコートが乾けば出来あがり。


2015wineglass2.JPG


欠けたグラスが、ガーリーになって復活。(^^*)
これもまた良し、か?


ここで唐突に話が変わって、3日前の事。
前日までの暖かさとうって変わって冷たい雨の降る午後、
買い物に出ようとしたら、マンションの玄関のすぐ横に
雉鳩が雨に濡れてうずくまっていた。
見ると胸のあたりにひどい怪我、えぐれたようになって血が付いている。


ついうっかり、家に引き返してバスタオルを持ってきてしまい
ついうっかり、雉鳩を包んで保護してしまい
ついうっかり、近くの動物病院に連れて行ってしまった。


病院で「鳥は専門外なので、鳥専門病院を教えましょう」と言われ
雉鳩さんを連れて一時帰宅。教えられた病院に電話をすると、
「野鳥は病原菌を持っている可能性があるので
 院内に入れる訳にはいきません」との事。
なるほど、それはそうだろう。
他の患者さん(患鳥さん?)の迷惑になる。


なんとかならないかと、ネットでいろいろ調べたら
そういう場合は東京都の環境局に連絡するようにとあったので
電話して状況を話し、野鳥を診てもらえる病院を紹介してもらった。


ラッキーな事に同じ町内。歩いて5分もかからない所に最近できた病院だ。
よかった! 助けてもらえるぞ! もうちょっとがんばれ、雉鳩さん!


雉鳩さんは素嚢(そのう)に穴が開いて、
食べたものがそこから出てしまうような状態だった。
化膿の様子からみると、2〜3日前の怪我らしい。
素嚢を縫い、安静にして回復したら野生に返すが
回復が遅いようなら、環境省に預けてリハビリをするとのお話。
先生によろしくお願いして帰宅した。


翌々日、雉鳩さんのお見舞いに病院を訪ねた。
病院の方々も忙しいだろうから、恐縮ではあったんだけど
とっても気になるし、野鳥だから空に帰ったらもうきっと会えないので
「元気でね」って伝えたかった。


でも、雉鳩さんは亡くなってしまった。
傷が思いのほか深く、肺にも出血があり
手術翌日の夜に状態が急変して、逝ってしまったそうだ。


残念だ。
残念だけど、仕方がない。
仕方がないけど、悲しかった。


怪我をした野鳥は、まず助からないって事は知っていたんだ。
でも小さなものが助かる事を望んでいた。


雉鳩さんは神様の所へ行っちゃった。


冥福を祈って、合掌。


応援クリック、よろしくね

   ↓


risuaniranking ありがとう♪



繕いの過去記事はこちらを見てね→金継ぎ・新漆の過去記事のご紹介
 | Blog Top | 
2015_0318_kasa.jpg


東京は今年の冬、雨が多いような気がする。
雨の日ってなんとなく、静かな落ち着きがあるようで好きなんだ。
それに加えて、先日素敵な傘を買ったので雨の日は気分上々。


買ったお店は東日本橋の「小宮商店」。
TV「和風総本舗」や「未来遺産」等で紹介されているので
ご存知の方も多いかな。


このお店のあるあたり、日本橋は江戸幕府開闢の頃に
五街道の起点として架けられた「日本橋」が町名になったところ。
交通の要だったこの界隈には馬市が立ち
幕府の御用職人や御用商人が集まった。
今でも小伝馬町、馬喰町、銀座、桶町、鞘町、鉄砲町、釘町、紺屋町等
職人街の名残を停める町名が数多くある。
古くからの「ものづくりの町」だったんだね。


時は流れて昭和30年頃にばると
東日本橋のあたりには何十件もの傘屋さんが立ち並んだ。
傘職人さん達の作り出す日本製の傘は
その品質の良さで世界一のシェアを誇っていたのだが
時代の流れというものなのか、価格破壊やらなにやらで
今では職人さんが傘を作っているお店は
全国でもごくわずかになってしまった。
小宮商店は、それでも丁寧な手仕事を守り続けている数少ないお店のひとつ。


「先日中国の方が、ネットでこの店を探して買いに来てくださいましたよ。
 日本製の傘を買いに来たのに、どこのデパートに行っても
 置いてある傘は中国製ばかりだとおっしゃっていました」


なるほど。
中国から来て、わざわざ中国製の物を
買って帰る気にはなれないのはわかる気がする。


親切な職人さんに良い傘の選び方も教えていただいた。
良い傘は生地がピンと張っていて、シワや波打ちがなく
スムーズに開き、持ち手がしっくりと手に馴染む。


傘作りは同じ生地を同じように骨に貼っても、
生地や骨それぞれに微妙な違いがあるから、同じように仕上がる訳ではない。
それを何度も微調整して、最高の仕上がりにするのが熟練の職人技。


もちろんすべての素材にも、てってー的にこだわっているそうで
そこのお店で一番数が多かった生地は「甲斐絹(かいけ)」製の傘。
毛髪くらいの細い糸を高密度に織った絹織物で
それもまた世界に誇れる職人技。
リーズナブルなお値段ではないのは当たり前だよね。


どれにしようか、すごーく悩んでいる傍らで
お店の方が甲州織の興味深い話をいろいろと話してくださいつつ、
「このリバティプリントはちょっとしたものなんですよ、
 他には絶対にない傘です」なーんて言うし、
「これも綺麗でしょ」って、次々に素敵な傘を見せてくださるものだから
ちーとも決められなくて、話も横道にそれまくって
40分以上話し込んでいたかも。
それでも嫌な顔ひとつしないで
「みなさん、なかなか決められないですよー」と笑っていた。
「一生ものを選ぶつもりで、ゆっくり選んでください。
 痛んだら何度でもメンテナンスしますから、
 長く愛してやってください」って。


私は物を買って、「安いからいいや」って使い捨てにするのが
どうにも気持ちが良くないタイプの古い人間なので
そういう物を求めてやってきた訳なのよ。
もう人生も折り返し地点を過ぎた訳だし
「一生付き合いたい」と思える物を買いたいの。


悩んだ結果、リバティプリントの傘にしたのは
「持っている服や着物、デニムにも合わせやすい」事と
「90歳を過ぎても持てそうだ」と思ったから。

2015kasa2.jpg


お店の奥で傘を作っていたおにーさん、私より先に死なないでね。


〈袋大好き、みるくにゃん〉

20150318milk.jpg

ゴミを捨てようと持って来た袋にじゃれついて
「それをよこせ」と強く要求。
仕方がないから、渡してあげたら
夢中で遊んで、あっという間にぼろぼろ……。


楽しいか?

よかったね。


応援クリック、よろしくね

    ↓


 usaani_s.gifranking ありがとう♪



〈暮らし〉の過去記事はこちらを見てね→過去記事のご紹介[ 暮らし ]

テーマ:お買い物(通販含む) - ジャンル:ライフ

 | Blog Top | 
2015rizotto


建国記念の日。
休日を楽しんでいらっしゃる方、勤勉に働いていらっしゃる方、
みなさま今日も素敵な1日になりますように。


陳皮というのは漢方でよく使われている、みかんの皮を干したもの。
これには健胃作用があって消化を助け、
毛細血管を広げ血流を促進して身体を温めるので
冷え性や、咳、のどの痛みにも良いとのこと。
内臓脂肪を分解するリパーゼという成分も含まれているらしい。
良い事だらけでしょ?


これは古くなればなるほど効果が高いらしい。
うちでは3年前に作ったものを使っている。
みかんの皮を良く洗って、天日で乾燥させ
ミルサーで粉末にしただけの、お手軽自家製漢方薬。


2015chinpi


作ったばかりのものは、まだみかんの香りがするが
時間が経つとだんだん漢方薬っぽい匂いに変化してくる。
ちなみに「陳皮」と言えるのは、1年以上経ったものだそうだ。


うちではいろんな料理にこれを入れている。
煮物、揚げ物の衣、カレーやシチュー、野菜の浅漬け等々。
不思議と香りも味も邪魔にならないのよね。


今日はこの陳皮入りの豆乳リゾットをご紹介。


豆乳の焼きリゾット(陳皮入り)の作り方

材料(2人分)

白米 1/2カップ
豆乳 400cc
陳皮(粉末) 小さじ1/2杯
ピザ用モッツァレラチーズ 50g
パルメザンチーズ(擂り下ろしたもの) 大さじ2杯
(なければ粉チーズでOK)
オリーブオイル 大さじ1杯
塩、胡椒、枸杞の実、クレソン 適宜


・枸杞の実をお湯で戻しておく
・フライパンにオリーブオイルを入れ、白米を中火で炒める
・白米が白くなってきたら、豆乳をひたひたになるまで注ぎ
 とろ火にしてゆっくりと煮詰める
・煮詰まってベシャメルソース状になったら豆乳を少し足す
 これを繰り返し、米に豆乳を含ませながら
 焦げないように、ゆっくりと煮詰めていく
・お米に芯がなくなる手前(アルデンテの状態)になったら火を止めて
 モッツァレラチーズ、パルメザンチーズ、陳皮を加えて混ぜ合わせる
・塩、胡椒で味を整える
・余熱でチーズが溶けたら、別のプライパンで焼く
 (テフロン加工のものがおすすめ。その他のものならオリーブオイルで焼く)
・形を整えながら中火で5分ほど焼き、片面だけ焦げ目をつける
・リゾットに皿をかぶせ、フライパンをひっくり返して皿に移す
・枸杞の実、クレソンを盛りつける


植物性たんぱく質たっぷり、
がっつりチーズでボリュームもばっちり。
熱々、とろとろを召し上がれ♪


〈ご満悦みるくにゃん〉

2015_0211milk


私のガウンに潜り込んで、ふくふく。
返してくれないから、私はパーカーを着ている。


是非もなし。


応援クリック、よろしくね

    ↓

pig46pix.gifranking ありがとう!


〈料理〉の過去記事はこちらを見てね→過去記事のご紹介[ 料理 ]


〈おまけのスピリチャル・その1〉

前回ちらっと書いたスピリチャルのこと
「ちゃんと記事にして……」と思ったのですが
果てしなく長くなりそうなので、ちょこちょこと書いていきます。


さて、どこから書こう……。


えーとですね、この世のすべてのものには「神様」が宿っています。
仏教では「すべてのものに仏性あり」と言いますが、同じ事です。


「しょっぱなから訳のわからない事を……」と
思う方がいても無理はないので
「変人なのね」と思って、読まずにすっ飛ばしちゃって全然OKです。
ここまで読んでくださってありがとう。


で、ですね、
「すべてのものに神様が宿っている」という事は
「すべてのものが神様」という事なので
これを読んでくださっているあなたは神様で
道行く人達も神様で、わんこもにゃんこも神様で
要するに私達が暮らしている、この地球という星は
「やおよろずの神々が暮らすところ」な訳です。


さてこの地球に住まう人達の魂は、輪廻転生を繰り返しているのですが
時々、別の星からやってくる魂というものがありまして、私はそれです。
地球に生まれるのは、始めてみたいな気がしてたけど
とあるチャネラーさんには「アトランティスに居た」と言われました。
「インディゴ・チルドレン」なのだとも言われました。


「で、何しに来た?」って思うでしょ?
それが私にもわからないんですよ。
神様から何やら頼まれ事をしていたらしいのですが
生まれた時点で忘却の彼方。


そんでもってこの「インディゴ」、
酒が好きで、煙草が好きで、楽しい事が大好きで、とくらぁ。
お調子者で、粗忽者。よく笑う、すぐ泣く、
怒ると煮えたぎった天ぷら油のようになって手が付けられない。


このやれやれな人間の「波動」を整え
忘れ果てている頼まれ事を思い出すべく、
魂の声を聞くためのレッスンが始まったのでした。


と言う訳で、今回はこの辺で。


Be Continued ( ̄ー ̄)


応援クリック、よろしくね

    ↓

pig46pix.gifranking ありがとう!
 | Blog Top | 
年明け、今頃に恐縮ですが
あけましておめでとうございます。


ブログ休止のお知らせもせず、丸1年放置してしまいました。
休止するつもりは、ちっともなかったのですが
少々忙しくてのびのびにしていたら、うっかり1年過ぎてしまいました。
月日の経つのは早いものですね。


こんな腰抜けブログに、毎日たくさんの人達が来てくれていたこと、
本当に本当に感謝しています。
どうもありがとうございます!!!


昨年は色々な事がありました。
3月頃、手術をしました。
大した手術ではありません。
お腹を開けて、悪い所を切って、縫っただけなので2週間くらいの事です。


夏には屋久島に一週間程行ってきました。
私と一緒に台風も来たので、嵐と仲良く温泉に入ったり
合間にシュノーケルや沢登りを楽しんだり、最高に素敵な旅行でした。


他にもいろいろありましたが、大きな事と言えば
宇宙から依頼があって、スピリチャルヒーラーになる事になったので
その訓練を始めた事でしょうか。
あ、これ、別に冗談を言ってるんじゃないのよ。
そんでもって、気が振れた訳でもないの。
今までと変わらないcomichikoですが、そーゆー事になったという話です。


この事に関しては、追々書くかもしれないし、
ここではどーでも良い事だから、書かないかもしれないし、
別ブログを立ち上げるかもしれないです。


それは置いといて。


ここに来てくださるみなさまに、ささやかですが
お礼の気持ちで2015年カレンダーをつくりました。


2015_1.jpg


2015_2.jpg


2015_3.jpg


ご希望の方はこちらからpdfをダウンロードしてくださいね。
http://firestorage.jp/download/87ef5941e1fbe8d0a1d40aab53bb1ca64243df3f


ダウンロードできるのは2015年1月17日までなので
それ以降に来てくださった方で、ご希望の場合は
鍵コメでアドレスを入れていただければ、pdfをお送りします。


絵は未年関係なく、うちのみるくです。
絵に描いたような親ばかです。
ってか、親ばかが絵を書きました。


みるくの絵をLINEのスタンプにして
人様に送りまくってやろうと考えています。


ほんっと、この子ったら、書きにくい模様なんだから〜〜〜♡

2015_milk0108.jpg

「なにか?」


ぬるい猫と、ぬるい管理人のブログですが
今年もよろしくお願いします。


応援クリック、よろしくね

   ↓


risuaniranking ありがとう♪



〈暮らし〉の過去記事はこちらを見てね→過去記事のご紹介[ 暮らし ]
 | Blog Top | 
あけましておめでとうございます。
昨年もみなさまに、仲良くしていただき
本当にありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いします。


ブログに来てくださったみなさまに、心ばかりのお礼ですが
2014カレンダー(B5サイズ)pdfをプレゼント。


2014_1.jpg

2014_2.jpg

2014_3.jpg


ご希望の方はこちらからダウンロードしてくださいね。
http://firestorage.jp/download/811b42d2b1f350465fde55e59e4cd41eea3277ce


ダウンロードできるのは2014年1月14日までなので
それ以降に来てくださった方で、ご希望の場合は
鍵コメでアドレスを入れてください。
14日以降にダウンロードできるアドレスをお送りします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さてさて新年も、もう七日。
すっかりお正月気分も抜けて、
いつもの毎日に戻ってる方が多いんじゃないかな。


今朝のご飯は七草粥。

nanakusa_2014.jpg


お正月のご馳走疲れの胃腸を癒し、一年の無病息災を願う訳です。
今年は癒さなくてはならない程、暴飲暴食をしなかった私って偉い♪
(↑毎年してたのかって話もある)


古い文献によると、七草粥を作るときはまな板の傍に
薪、庖丁、火箸、すりこぎ、杓子、銅杓子、菜箸の七つを揃え
歳徳神の方向を向いて、お囃子を唱いながら49回叩くとか……。


まず薪が無理だ。
火箸も銅杓子も持っていないし、お囃子も知らない。
仕方がないから、七つ道具を揃えるのは諦めて
お囃子は古今亭志ん生の出囃子、「一丁入り」を拝借。
ま、堅い事は言わない約束でしょ (ー.ー)y-~~~~


そうそう昨年のお正月は、酷い風邪をひいてえらい目にあったっけ。
高熱で七草粥どころじゃなかった。
今年はこれで、バッチリ風邪知らず(のハズ)だ!


〈みるくはお正月なんか嫌い〉

2014_nanamilk.jpg


3が日はダーリンの実家に帰省、
でもこの猫は1泊以上の留守に耐えられそうもないので
やむなく私だけ2日に戻った。


みるくはよっぽど寂しかったらしく
玄関を開けたとたん、リビングから
「にゃーーーーーーーーっっっ!」って声。
荷物を置く間もなく、駆け寄ってきて
「だっこしてくれ」
「撫でてくれ」
「ご飯を手から食べさせてくれ」
「追いかけっこして、遊んでくれ」と、そりゃーもう大騒ぎ。
犬みたいな猫だ。


用意しておいた2日分のご飯は半分も食べていないし
食べた物はおそらく全部、吐いてしまっている。
それもテーブルの横に畳んでおいた、ダーリンのガウンの上に……。
どうやらダーリンの匂いのするガウンの上に座って
帰りを待っていたけど、夜になっても帰ってこないから
悲しくなって吐いてしまったようだ。
翌日帰ってきたダーリンに、もー甘える甘える……。


もー、どうしよう?


応援クリック、よろしくね

    ↓


 usaani_s.gifranking ありがとう♪



〈暮らし〉の過去記事はこちらを見てね→過去記事のご紹介[ 暮らし ]
 | Blog Top | 

鈴木道子(DROP)

comichiko

Author:comichiko
フリーランスのグラフィックデザイナー。
装丁、パッケージ、VI、イラスト、
キャラクターデザインなどなど
いろいろやっている。
同じくグラフィックデザイナー(会社員)の主人とふたり暮らし。
最近はがっちょり着物にはまって
着物生活奮闘中。

ブログ内検索

著書のご紹介

カレンダー

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

RSSフィード

リンク

クリック募金